看護研究について

看護研究で苦しんでます

私事ではありますが、今年に入ってから看護研究をしておりまして、なかなかここのサイトも更新できずに苦しい時間を過ごしています。


そこで、看護研究をやっていて思ったこと、感じたことを少し書いていこうかと思ってます!


看護研究のテーマ選択

看護研究をするにあたって、もちろんテーマの選択が一番重要ではありますが、テーマが決まって(方向性が決まって)文献検索のまぁしんどいこと(||´Д`)o


医中誌で検索かけてもなかなか良い具合にヒットせず、言葉を変えていくと今度は意図した内容でない物がヒットしてきたりと、悪戦苦闘していました。


掘り下げる事から始めてます。

 

最近は、ネットを使用して医中誌で検索ができますが、昔々の看護研究ってどうやっていたんだろう・・・なんてくだらない事も考えながら、ひとまずは研究計画書を仕上げる事が出来ました。



糖尿病のことについて行う予定で、院内はもちろんですが糖尿病の学会にも出す予定で仕上げていきます。



話は変わって、最近は何でもかんでもネットなんですよね。


最近の私の中のヒットは「ナーシングスキル」です。https://nursingskills.jp/が、いわゆるマニュアルのネット版みたいなものです。


もちろん、各病院によって使用物品に多少の違いはありますが、基本は同じ、エビデンスも同じなので全国共通と言えます。


このナーシングスキルの利点はたくさんありますが、一番の利点はこのナーシングスキルで学べば全国共通の知識が付き、全国どこへ行っても間違いがないということ。どんな小さな病院でも、どんな大きな病院でもこのナーシングスキルを元に新人看護師教育を行えば、病院レベルの誤りやお作法を正す事ができ、看護師のレベルアップに繋がると思いました。


しかし、これがなかなかイイお値段なのです。
確か、年間契約費80万円とかお聞きしました。


この値段を高いと思うか、安いと思うかで、ある程度の病院のレベルが計れてしまうというのも致し方ないことだと思いました。


って事でまたこんな感じで書いていきますね^^

関連ページ

第105回看護師国家試験、今年の合格率は89.4%でした。
今回の国家試験はバレンタインデーに行われ、約1ヶ月経ち運命の日を迎えました。今回の看護師国家試験の出願者数62633人、受験者数62145人、合格者数55585人、で合格率は89.4%でした。昔話をして恐縮ですが私が国家試験を受けた頃は国家試験と言えば「資格試験」であり、「落とすための試験」ではなく、合格率は97%くらいありました。
当院の看護師初期教育事情・・・卒後教育編
今日は新人看護師関連で当院の卒後教育事情を少しお伝えします。 新人看護師、新人医師共に卒後すぐに入職した方には医療人としてはもちろんのこと一般社会人としてのマナーなども卒後教育の中に組み込んでいます。具体的には、電話対応、敬語の使い方、お辞儀の仕方、名刺交換の仕方などでおそらく、一般の社会人ならこのような研修に数日かけるのでしょうが、医師、看護師には専門研修が必須なので、これらの研修は1日半で終了してしまいます。
3月に部署移動が決定・・・アラフォーでICUに異動する事に・・・看護師主任のブログ
ある程度の急性期は経験ありましたが、これほどの超急性期は初めてで、本当に戸惑うことばかりで毎日気疲れしています。 主任という立場もありますので、業務ばかりでなくスタッフのことも見なくてはいけませんが、ICUという閉鎖された空間独特の空気感があり、初めの印象は「風通しの良くない部署」でした。
新人看護師の退職希望
5月病という言葉の通り、5月の連休を過ぎるとなんだか雲行きの怪しくなってくる方がいらっしゃいます。 4月、全力投球してゴールデンウィークを挟むと、緊張の糸が切れるのでしょう。 不定愁訴様の体調不良を訴え欠勤。欠勤してから次の出勤がしにくくなって、ズルズルと出勤できなくなる。
管理人のプロフィール
このサイトを運営している管理人のプロフィールになります。最初の就職は循環器専門病院のICUでした。救急も扱う病院であったため、様々な方の 人生の岐路に向き合うことも多々ありました。 結婚と同時に退職。退職後はアルバイトから始め、アルバイト先の病院でスカウトされ 、そのまま正規職員となりました。