管理人のプロフィール(まだ中途半端です。)

管理人のプロフィール職歴など


最初の就職は循環器専門病院のICUでした。



救急も扱う病院であったため、様々な方の人生の岐路に向き合うことも多々ありました。




結婚と同時に退職。



退職後はアルバイトから始め、アルバイト先の病院でスカウトされ、そのまま正規職員となりました。




今、考えると本当にラッキーな転職でしたが、同じように退職、転職先探しをした方はそう簡単には転職先を探す事ができませんでした。



今のような人材紹介会社のようなシステムもありませんでしたし、インターネットも今ほどは普及していなかったので、転職先探しもままならない状態でした。



そう思うと今の状況は転職先探しをされている方は良いですね。




ひとりの女性としては、二人の子供に恵まれ、産休・育休後も働き続けること十数年。




看護師としては外来から各科病棟勤務、ERを経て、現在は整形外科病棟で主任看護師をしています。



このサイトを立ち上げようと思ったきっかけ

まだまだ不完全なサイトですが、インターネットと言う広範囲の方に見て頂けるものがある事により、情報が錯乱し、真実的なものが見えにくくなっているのではないか?と感じました。



看護師と言うのは、一種の都市伝説ですが、

  1. 給料が高い。
  2. 社会の信頼度が高い。(ローンが組みやすい)

上記の理由を大半にして、様々な職種の方々、看護師をお客さんとしてターゲットにされているのも、実は看護師自身の大半の方々は気がついているはずです。



例えば、婚活や旅行などは典型的な例ですが、気がついていたとしても、逆に利用しようと前向きな看護師さんが大半です。
何故ならば、それだけストレスを抱える仕事ですし、女性だけの職場に近いからですね。


しかしながら、今後新人看護師や、キャリアがまだ十分に積んでいない方に対して、呼びかけや、私が経験した事、経験値として発表できる事はしるしておこうと思ったのがきっかけです。



時間は有限であり、キャリアを積もうと思っても、もう積めないという状況に陥る事もあります。
計画性は非常に大事であり、人生は決断の連続ですが、決断を誤らないように、少しでもこのサイトがお力になれればと思っています。

関連ページ

第105回看護師国家試験、今年の合格率は89.4%でした。
今回の国家試験はバレンタインデーに行われ、約1ヶ月経ち運命の日を迎えました。今回の看護師国家試験の出願者数62633人、受験者数62145人、合格者数55585人、で合格率は89.4%でした。昔話をして恐縮ですが私が国家試験を受けた頃は国家試験と言えば「資格試験」であり、「落とすための試験」ではなく、合格率は97%くらいありました。
当院の看護師初期教育事情・・・卒後教育編
今日は新人看護師関連で当院の卒後教育事情を少しお伝えします。 新人看護師、新人医師共に卒後すぐに入職した方には医療人としてはもちろんのこと一般社会人としてのマナーなども卒後教育の中に組み込んでいます。具体的には、電話対応、敬語の使い方、お辞儀の仕方、名刺交換の仕方などでおそらく、一般の社会人ならこのような研修に数日かけるのでしょうが、医師、看護師には専門研修が必須なので、これらの研修は1日半で終了してしまいます。
3月に部署移動が決定・・・アラフォーでICUに異動する事に・・・看護師主任のブログ
ある程度の急性期は経験ありましたが、これほどの超急性期は初めてで、本当に戸惑うことばかりで毎日気疲れしています。 主任という立場もありますので、業務ばかりでなくスタッフのことも見なくてはいけませんが、ICUという閉鎖された空間独特の空気感があり、初めの印象は「風通しの良くない部署」でした。
看護研究について
看護研究をするにあたって、もちろんテーマの選択が一番重要ではありますが、テーマ が決まって(方向性が決まって)文献検索のまぁしんどいこと(||´Д`)o医中誌で検索かけ てもなかなか良い具合にヒットせず、言葉を変えていくと今度は意図した内容でない物が ヒットしてきたりと、悪戦苦闘していました。
新人看護師の退職希望
5月病という言葉の通り、5月の連休を過ぎるとなんだか雲行きの怪しくなってくる方がいらっしゃいます。 4月、全力投球してゴールデンウィークを挟むと、緊張の糸が切れるのでしょう。 不定愁訴様の体調不良を訴え欠勤。欠勤してから次の出勤がしにくくなって、ズルズルと出勤できなくなる。