自己アピール能力が必要|看護師転職のデメリット

自分を前に押し出しましょう。

 

「条件を直接伝えられ焦点を絞れる」の項でも少し触れましたが、面接の場は自己アピールの場であるため、自分を売り込む能力がなければせっかく良い看護技術を持っていたり、研修にたくさん参加していても、面接の場で伝えたりアピールしたりできなければ宝の持ち腐れになってしまいます。

 

持てる力は存分に出し切って待遇良く転職に結びつけたいですよね。

 

ここでもデメリットを逆手にとり、この境遇を活かして今後に結びつけたいですね。

 

自己アピール力はいわゆるプレゼンテーション能力です。

 

今後、看護師として看護研究の発表であったり、プロジェクトの発表であったりと何かと発表の場は多いものです。

 

プレゼンテーション能力を身に付け、今後何度も訪れるプレゼンテーションの場で活かしたいものです。

 

そこでまずは面接の場で、自己の能力や特技についてセルフマネジメントするのです。

 

時間をかけて集めた情報から、今この病院が何を求めているかを分析し、病院側の求めていることに沿った自己アピールを行う事が大切です。

 

相手の求めていることを、セルフマネジメントすることで確立し、アピールする事を身に付けましょう。

 

とは言っても、突然プレゼンテ−ション能力が身に付くわけでもなくコツコツ、自己アピールの場を増やしたいきたいですね。

関連ページ

内定後断りにくい
頑張って内定をいただいたけど、それより良い条件で他の病院に内定を貰ってしまったら、どうしましょう。 どちらでも働くことはできないので、片方をお断りするしかありません。 しかし、あんなに自己アピール全開で私を雇ってくださいアピールしたのに、今更他に良い条件のところがあるのでごめんなさいってわけにはいきませんよね。
情報収集に時間を要する
その情報提供者の主観がかなり加味されると思いますので、情報提供者の方が働き易いと思えば働き易いと言われるでしょうし、毎日こんな病院辞めてやると思いながら過ごしている方なら、情報さえ入ってこないかもしれません。 そんな場合は良いところと悪いところを3〜5個ずつ言って貰って、情報の整理をしましょう。
条件を自分で伝えないといけない
公的機関の病院(国立や自治体の設立する病院)であると年功序列で年齢と経験年数によってお給料が給料表によって決まっている場合もありますが、個人の病院である場合、交渉次第ではお給料の貰える額が若干違ってくることがあるので、交渉力を発揮して給料upを狙いましょう。