情報収集に時間を要する|自分で転職先を探すデメリット

情報は足で稼ぐ。
と以前の記事で書きましたが、地道に自分でコツコツと情報収集するしか手立てがありません。


知り合いがそのターゲットとする病院で働いていれば、比較的、簡単に情報は入ってきます。


しかし、その情報は本当に正しいのでしょうか。


その情報提供者の主観がかなり加味されると思いますので、情報提供者の方が働き易いと思えば働き易いと言われるでしょうし、毎日こんな病院辞めてやると思いながら過ごしている方なら、情報さえ入ってこないかもしれません。


そんな場合は良いところと悪いところを3〜5個ずつ言って貰って、情報の整理をしましょう。


良いところと悪いところを言って貰って、スラスラ出てくる方がその情報提供者さんの気持ちに近い方である可能性が高いので、もし悪い事がスラスラ出てきたら、他の方から良い情報を収集した方が良いかも知れません。


情報は多いに越したことはありませんので、できる限りの情報を集めて自分で整理して、考えましょう。


長所短所は表裏一体であることもあります。


一方的な目で見るのではなく、多角的に見るようにしましょう。


これは転職の情報収集だけでなく看護にも活かされることなので、ここでしっかり吟味しましょうね。



時間はかかっても、今後の自分の人生を左右するかしれませんので、じっくり時間をかけてみるのも良いですね。

関連ページ

内定後断りにくい
頑張って内定をいただいたけど、それより良い条件で他の病院に内定を貰ってしまったら、どうしましょう。 どちらでも働くことはできないので、片方をお断りするしかありません。 しかし、あんなに自己アピール全開で私を雇ってくださいアピールしたのに、今更他に良い条件のところがあるのでごめんなさいってわけにはいきませんよね。
自己アピール能力が必要
今後、看護師として看護研究の発表であったり、プロジェクトの発表であったりと何かと発表の場は多いものです。 プレゼンテーション能力を身に付け、今後何度も訪れるプレゼンテーションの場で活かしたいものです。 そこでまずは面接の場で、自己の能力や特技についてセルフマネジメントするのです。
条件を自分で伝えないといけない
公的機関の病院(国立や自治体の設立する病院)であると年功序列で年齢と経験年数によってお給料が給料表によって決まっている場合もありますが、個人の病院である場合、交渉次第ではお給料の貰える額が若干違ってくることがあるので、交渉力を発揮して給料upを狙いましょう。