メリット|自分で転職先を探す|看護師の求人・転職情報

少し寄り道をしましたが、転職先を探す場合に自分で探す場合と転職会社やハローワークを利用される場合がありますが、それぞれのメリット・デメリットをご紹介しましょう。


まずは自分で探す場合のメリットです。


タイトルにもありますがズバリ「コネクションを利用できる」というのは大きなメリットです。


友人のコネ、先輩のコネなどいろんなコネで転職に繋がることがあるでしょう。


今の職場を辞めて、とにかく転職したい方には探す手間も省けとても良いですが、選ぶ余地はないでしょう。


しかし、誰かからの紹介となると、事前にその病院の情報は分かっているでしょうし、働きにくいところをわざわざ紹介などしないでしょう。


そう考えるとコネクションを利用するということは、安全策であると考えられます。


全く情報のない病院を一から調べて判断するのであれば、その紹介してくださった方の生活を考えると、お給料のだいたいのレベルであったり、残業の多さであったり、福利厚生の充実具合などが、測り知ることが出来るはずです。


よく研修に出かけているなら看護の質の向上の努力が必要な看護が日々提供されていることが分かります。


年齢相応の生活をされていればお給料のレベルも悪くないことが分かります。


毎日、帰りが遅く疲れた顔をされているのであれば、残業が多いのではないかと考えることができます。


口では看護師確保の為に何とでも言えますが、実モデルを目にすることで病院の内情を判断することが可能なはずです。


ただし、デメリットになりうる可能性もある。

結果論にはなってしまいますが、入職後のこともせっかくなら考えたい所です。


いざコネクションを利用し、入職した所、知り合いとは違う部署になり、人間関係や体調不良、職場環境が全く合わないといったことも普通にありえます。


その際には、紹介して頂いた都合上、辞めにくい。
また、辞める事により、入職するまでは良好な付き合いを出来ていた知人と決別する可能性もあるかもしれないです。


どこまでのリスクを考えるかによって、このメリットとデメリットと言う問題は変わってくる可能性がありますよね!

関連ページ

条件を直接伝えられ焦点を絞れる
自分で探すということは、自分自身しか頼る人がいなくて心細いかも知れませんが、逆を考えると自分しかいないので自由ではあります。 何のスケジュールに縛られる事も急かされる事もなく、自分のペースで活動できます。 その中でも自身の交渉力に自信がある方なら、面接の場でも自己アピールを行い、お給料の交渉までされる方もいらっしゃいます。
強い口コミ情報が得られる
私の経験ではある病院が透析センターを設立するという噂を聞きつけて透析看護師歴20年選手のベテランさんが転職して、数年で立派な透析センターができ、おまけに今では透析センター長をされています。 これは、本当にタイミングの問題もありますが、透析に長けた人材を欲しいと思っていた病院サイドとそれに上手くのったベテラン看護師が相思相愛であった結果で、透析一筋でやってきた彼女への神様からのご褒美だと思っています。