転職のきっかけ

モチベーションを上げるタイミングでの転職を!

転機とは良い意味でも悪い意味でも何か違う状態に転じるきっかけです。




基本的には好転することを指すようですが、その転機をしっかり捉えることが出来なければ、それは転機でも何でもないです。



良くも悪くも、転機をチャンスと捉え自身のモチベーションを上げるタイミングとして活用出来たらいいですよね。



結婚等を機に人生の転機を迎える

人生の転機というのは突然やって来ることもあります。


例えば、結婚ですね。



遠距離恋愛していた彼との結婚を機に退職し新天地で就職する事もあります。




しかし残念なことに、この場合、結婚→妊娠の可能性が高いので採用する側としては敬遠したいタイプの転職です。



せっかく頑張って働いて貰おうと採用しても、すぐに妊娠、出産して産休に入ってしまっては採用した意味がないです。




やはり働いて欲しくて採用しているので、敬遠されがちですね。




そして、採用される側としても気をつけたいタイプの転職です。



就業規定などで採用1年以内の産前産後休暇は減額があるなど規制を設けている病院もありますので、就職して正規職員になったから、当然の権利として産前産後休暇を取得出来るとは思わないようにしましょう。



離婚を機に退職し転職をする

人生の転機、其ノ二は離婚。



離婚したことがみんなに知れるのが嫌で転職される方が時々おられます。




理由は人それぞれですし、否定も肯定もここではしません。



ですが、一言言えるのは、「よく頑張りました!」




転職をし、違う病院で新しい人生を再度頑張ろうという方もいらっしゃいます。




後もう少し頑張りましょう!



但し、「その先にある道は明るく輝いていると思えていますよね!?」



プラスで考えていきましょうね!




離婚ってパンチ効いていて、どちらに転がろうが、結婚とは違い、体力、精神力共に持っていかれます。




但し、過去は過去と整理付けをし、新しく前を進む。




その決断をした事は素晴らしいと個人的に思います。




だから、体力も、精神力も持っていかれているかと思いますが、もう一仕事あると思って、踏ん張りましょう!


看護師の離婚なんていくらでもあることですが、離婚後、元パートナーから逃げるために転職されることがあります。



いわゆる、DV離婚です。



DVを受けていた元パートナーに職場を知られないように、離婚後ひっそりと転職されるのです。みなさん色々な事情を抱えておられますので、あまり詳しく詮索は出来ませんが、人生って本当に山あり谷ありだと思います。



また、今回同じような境遇の方にお伝えしたいこと悩んでるいるのは。。。




「あなただけではないですよ。」



私の経歴

私事で申し訳ないですが、私は結婚も離婚も経験しておりますが、転職したのは結婚の時だけです。




結婚の時は中距離恋愛くらいの距離でしたが、三交替を続けるのには遠すぎるので一旦、退職し3ヶ月ほど専業主婦をしました。



しかし、看護の世界から離れることが出来ず今の病院でアルバイトから始め、臨時職員となり、正規採用にまでなりました。



正規職員となり病棟勤務をするようになってから、元夫とのすれ違いが出始め、結局は離婚してしましましたが、子どもがまだ小さかったので院内保育園のある今の病院で働き続けることを選びました。



結局はこの選択が正解だったように今は思いますが、小さい子供を夜間、院内保育園に預けるのはかなり気が引けました。


しかし、その子供も大きくなり、将来は看護師になりたいと言ってくれています。



それが何より嬉しいです。





続いて、夫の転勤による、退職からの転職です。

転勤族の旦那さんの場合、いきなり転勤を言われ奥さんのことなんてお構いなしに遠くへ行ってしまいます。


近畿圏内や関東圏内くらいなら単身赴任で週末に帰ってくることも比較的簡単にできますが、関西関東間となると往復の交通費もバカにならないので、なかなかそうはいきません。



そうなると、夫の転勤先の付いて行くしかないので、必然的に妻である看護師としては転職しか選択の余地はないです。



しかし、これも転職してから大変です。


慣れない土地で友達も居ない状態で、看護師という仕事をするのはやはり精神的負担になります。



今までしっかりと働いていた身としては、自由に働けないのは苦痛でしょうが、ご主人の転勤後は少し落ち着くまで家庭でゆっくりされてはいかがでしょう。




恐らく、ご主人も安心されますし、ご自身も披露の度合いが違うと思います。



親の介護を理由に退職、転職された方

他に私の周りでは、親の介護を理由に転職された方もいらっしゃいます。



田舎の親が大病をしたのをきっかけに実家の近くに里帰りして働く、いわゆるリターンです。




早くにお母様を亡くされ、お父様が一人暮らしをされていたそうですが、そのお父様も脳梗塞で片麻痺となり、介護の必要な状態となり、退職を決意されたようですが、迷うことなくすっぱりと退職されました。




親の介護って、いつかは来る問題ではありますが、本当に突然やってくるものだとつくづく思いました。




これとは逆のパターンで、娘が出産し、孫の面倒を見るために退職された方もいらっしゃいましたが、この方は孫に何か買ってやりたいからと、下の病院に再就職されました。




ストーカーによる退職からの転職

私の看護師生活の中でもただ一人、ストーカーから逃げるために転職された方がいらっしゃいました。



DV離婚と少し似てはいますが、この方は仕事に来るのも大変だったようで、職場に迷惑はかけられないと転職されましたが、その後どうなったのでしょう。



気になるところですが、連絡もなくその後は分かりかねますが、度々、ストーカーによる殺害などのニュースはとりあげられています。


安易や大丈夫だろう。と思って接するのは非常にリスキーであり、また言っているレベルではなく、ストーカーによる被害を未然に防ぐ手として、個人的に転職や引越しなどは真剣にありだと思っています!



まとめ結論

人生の転機は突然ですが、その良し悪しに関わらず、タイミングって大事ですよね。



人生の転機を機会に、前向きな転職につなげることが大切であり、そのタイミングを逃がすことなく自分に流れを引き寄せる力を持ち合わせていることこそが、人生に於いて大切だと思います。


次は新しいスキルを習得したタイミングです→新しいスキルを習得したタイミング

関連ページ

年末・年度末など
転職もいわゆるシーズンがあり、そのシーズンは業種が異なるごとに違うといわれています。
ボーナス後に転職する
ボーナス後のシーズンは、退職のポイントとして上げられます。 しかし、タイミングが大事です。そのタイミングを間違えないようにしましょうね。
新しいスキルを習得
新しいスキルを習得したタイミングで、そのスキルをいかすべく、新しい道を選んで、違う病院へ転職する方も多くいらっしゃいます。人生は一度きり、情けは人の為にならずです。