年末・年度末が転職するタイミング

退職の意思を切り出すタイミング

さて、実際に転職となると、どのタイミングが良いのか悪いのか、分かりませんよね。




それも今現在、働いている病院の就業規則などにも定められているかも知れませんが、社会人なので常識範囲内で退職しましょうね。




いきなり、「来週から辞めます」では常識に欠けますし、残されたスタッフの負担も測り知れません。




あなたは常識範囲内だと思っていても、それは社会では通用しないかも知れないです。




常識ある転職のタイミング

では、どのタイミングが常識あるタイミングなのでしょう。基本的にはどんなに遅くても次のシフトの休み希望を募るころ。




退職の最低1ヶ月前には退職の意思を所属長を通して、看護部長なり看護科長なり看護師のトップに伝わるようにしましょう。




所属長も通さずに突然、看護部長など、看護師のトップに行くことはやめましょう。




ただし、所属長からのイジメが原因とか、パワハラが原因という場合は直接、看護師のトップに掛け合っても構わない場合もありますが、基本的には現在の病棟のトップである師長なり課長なりを通しましょう。





労働基準法では退職の意思を伝える日付に関する規定はありませんが、民法627条1項で退職の意思表示をした2週間後に退職の効力が生じることにはなっています。





就業規則より民法の効力の方が強いですが、同じ辞めるなら気持ちよく辞めた方が後に残された方の負担も違いますし、あなたに対する印象も違います。




もちろん、あなたも後味の悪い辞め方はしたくないですよね。
これらの事からも出来る限り早めに退職の意思表明を行うようにしましょう。




さて、ここまでで退職の意思を切り出すタイミングは分かって頂けたでしょうか。




実際に退職する時期に関して

次に、実際に退職する時期ですが、一般的なのは年度末です。




4月から新入職の方が来られるので人事としてもありがたいタイミングです。




先ほど、最低1ヶ月前に退職の意思表示をしなければならないと書きましたが、年度末の退職を希望される場合は、入職試験で採用数なども考慮しなければいけませんので、退職しようとする年度の夏から秋までには意思表示が必要です。




看護師の採用試験は一般の企業とは違い夏から秋にかけて採用試験が行われることが多いので、最低でもこのタイミングまでには退職の意思を伝えておく方が賢明でしょう。




年末退職について

他には年末退職される方も少なくありません。




年末の仕事納めのタイミングに退職して、年末年始は家でゆっくり過ごしたり、海外旅行に出かけたりと休暇を過し、年明けに転職するという流れです。




ただ、年末年始は冬の繁忙期に入るので、不慣れな職場で働くより慣れた職場で過ごす方が無難ではあると思います。




慣れない職場で繁忙期を過ごし過剰な疲労感を感じるより、慣れた職場で繁忙期を過ごす方が精神衛生的にも良いと思います。




転職とは違いますが、私の経験上のお話をさせていただきますね。


新しい職場に入るタイミングの難しさ

産休明けに整形外科の外来に配属され復帰をしましたが、ゴールデンウィークの明ける5月6日から勤務についたら、ゴールデンウィーク中に受診できなかった患者さんで外来は溢れかえっていて整形外来はてんてこ舞いでした。




病棟勤務しか経験したことがなく、この時初めて外来勤務という物を経験した私には地獄のような一日でした。




この経験以来、新しい職場に入るタイミングって本当に大事だなと考えるようになりました。




自分のライフスタイルに合わせる

しかし、転職を考えていらっしゃるご本人の都合もあると思います。「年度末まで待ってられないわ」「年末に辞めて年末年始はゆっくりしたいの」とおっしゃる方もいらっしゃるでしょう。




先にも書きましたが「立つ鳥跡を濁さず」と言います。




あとが見苦しくないように去り際は美しくいたいですよね。




せっかく、ご縁があって一緒に働いた仲間ですから、退職を機に疎遠になってしまたり、いがみ合うようなことは避けたいと思うのが人間の心理というもの。




しっかりとけじめをつけて辞めることが出来れば、後に情報交換などもし易いでしょう。




看護の世界は日々変化しています。




自分の知識だけではやっていけない事もあります。




そんな時は一緒に働いた仲間が力になってくれる場合もあるので今、一緒に働いている仲間は大切にしてくださいね。




色々と書いてきましたが、要は辞めるから自分が良ければ良いのではなく、一緒に働いた仲間のことも考えられる人であってこそ、次の職場でも楽しく仕事が出来るのではと思います。




ただ、切羽詰っていたり、急な事情もあると思いますので、参考にしていただけたら嬉しいです。




次はボーナス後を狙うです→ボーナス後を狙う

関連ページ

ボーナス後に転職する
ボーナス後のシーズンは、退職のポイントとして上げられます。 しかし、タイミングが大事です。そのタイミングを間違えないようにしましょうね。
人生の転機
結婚や夫の転勤等の自分じゃあどうする事も出来ない転機。 こういった機会を迎えて退職をし、また違う角度からの勤務時間等を迎えて、転職する事も多いですよね。
新しいスキルを習得
新しいスキルを習得したタイミングで、そのスキルをいかすべく、新しい道を選んで、違う病院へ転職する方も多くいらっしゃいます。人生は一度きり、情けは人の為にならずです。