新しいスキルを発揮できる病院、病棟へ環境へ行く

看護師の専門分野の確立

近年、看護師の専門性は格段に進んできています。



複雑で解決困難な看護問題を持つ個人、家族及び集団に対して水準の高い看護ケアを効率よく提供するための、特定の専門看護分野の知識・技術を深めた専門看護師を社会に送り出すことにより、保健医療福祉の発展に貢献し併せて看護学の向上をはかることを目的とし多くの専門看護師ができました。



専門看護師は1995年の「がん看護」の分野ができたのを皮切りに次々と専門分野ができました。




今では2012年に在宅看護が追加され

  • 精神看護
  • 地域看護
  • 老人看護
  • 小児看護
  • 母性看護
  • 慢性疾患看護
  • 急性・重症患者看護
  • 感染症看護
  • 家族支援
  • 在宅看護


の全11分野の専門看護師ができました。



同時期に認定看護師制度が導入

そして、同じく1995年より認定看護師制度が導入されました。



認定看護師制度は、特定の看護分野において、熟練した看護技術と知識を用いて水準の高い看護実践のできる認定看護師を社会に送り出すことにより、看護現場における看護ケアの広がりと質の向上をはかることを目的とし導入されました。



認定看護師は今では21分野と多岐に渡っています

  • 救急看護
  • 皮膚・排泄ケア
  • 集中ケア
  • 緩和ケア
  • がん科学療法看護
  • がん性疼痛看護
  • 訪問看護
  • 感染管理
  • 糖尿病看護
  • 不妊症看護
  • 新生児集中ケア
  • 透析看護
  • 手術看護
  • 乳がん看護
  • 摂食・嚥下障害看護
  • 小児救急看護
  • 認知症看護
  • 脳卒中リハビリテーション看護
  • 慢性呼吸器疾患看護
  • 慢性心不全看護

上記、全21分野です。
またこちらに関しては、下記より詳しく記述しております。


転職のタイミングとして新しいスキルを身につける

転職のタイミングとしてこのような新しいスキルを身に付けて、新しい職場でそのスキルを活かして活躍の場を広げるために転職される方もいらっしゃいます。



専門看護師の精神看護のリエゾン看護師は患者さんだけでなく、その病院で働く看護師を含めたスタッフ全般のリエゾンを行うこともあります。




また、近年では地域包括ケア病棟の設置など病院から在宅へ看護の場が変化してきており、地域看護・家族支援・在宅看護など地域との繋がりを重視する専門看護師も増え、訪問看護師の需要も高まっています。



また、救急看護や集中ケアの認定を取得し、大病院のERで働く。



透析の認定を取得し透析専門病院で働く。




手術看護の認定を取得し大学病院のオペ室で働く。



などなど、色んな働き方や転職の仕方があります。




スキルを身につけるにはどうすれば良いのか?

次に専門看護師や認定看護師になるためにはどうすれば良いのかをお伝えしましょう。


どちらも、日本国の看護師免許を有することが大前提ではありますが、各々以下のようになっています。



分野の特定は、専門看護師の場合

  1. 既に看護専門分野の教育課程が現存し大学院等で実施されているもの。
  2. なお、教育課程については日本看護系大学協議会またはそれと同等以上の組織が提言しているもの。

  3. 専門看護分野の教育を修了し、専門看護師の受験資格を満たしている者が現時点で3名以上、臨床専門分野(地域を含む)で実践していること。


認定看護師の場合

  1. 看護実践経験の積み重ねのみでは修得しがたい、特定の知識及び技術を必要とすること。

  2. 他の分野との重なりがあったとしても、独自の看護知識及び技術を必要とすること。

  3. 何らかの法的支援及び経済的支援があるか、または将来それが期待されること。と定められています。

また、専門看護師になるためには

  1. 看護系大学院修士課程修了者で日本看護系大学協議会が定める専門看護師教育課程基準の所定の単位(総計26単位または38単位)を取得していること
  2. 実務研修が通算5年以上あり、うち3年間以上は専門看護分野の実務研修であること

という、2点の条件があり、書類審査と筆記試験の認定審査を受け、専門看護師認定証の交付と登録がなされます。

5年ごとの更新が義務付けられており、看護実践の

  • 実績
  • 研修実績
  • 研究業績


などの書類審査があります。




認定看護師になるためには

認定看護師になるためには看護師免許取得後、実務研修が通年5年以上あること(うち3年以上は認定看護専門分野の実務研修)が条件にあり、認定看護師教育機関(課程:6ヶ月・615時間以上)の教育を修了し、認定審査(筆記試験)を受け、晴れて認定看護師になれます。



認定看護師も5年ごとに更新が義務付けられており、看護実践と自己研鑽の実績について書類審査がなされます。


最近、需要が高まりつつある訪問看護師は幅広い知識と技術を必要とし、的確な判断力も求められます。



そのため、色々な経験を重ねる必要があります。




また、認定看護師や専門看護師の活躍の場も、病院から地域へと移り変わりを見せている時代です。




専門看護師や認定看護師に簡単になれるわけではありませんが、新しいスキルを取得し、そのスキルを十分に活かせる場を求めて、転職するのも良いかも知れませんね。




簡易な専門、認定看護師の種類の説明

では、ここで専門看護師、認定看護師について詳しくお話ししておきましょう。


看護師のみなさんならご存知の方も多いと思いますので簡単な説明にしておきます。


まず専門看護師からです。

@がん看護専門看護師

がん患者の身体的・精神的な苦痛を理解し、患者やその家族に対してQOL(生活の質)の視点に立った水準の高い看護を提供する。


A精神看護専門看護師

精神疾患患者に対して水準の高い看護を提供する。
また、一般病院でも心のケアを行う「リエゾン精神看護」の役割を提供する。


B地域看護専門看護師

産業保健、学校保健、保健行政、在宅ケアのいずれかの領域において水準の高い看護を提供し、地域の保健医療福祉の発展に貢献する。


C老人看護専門看護師

高齢者が入院・入所・利用する施設において、認知症や嚥下障害などをはじめとする複雑な健康問題を持つ高齢者のQOLを向上させるために水準の高い看護を提供する。


D小児看護専門看護師

子どもたちが健やかに成長・発達していけるように療養生活を支援し、他の医療スタッフと連携して水準の高い看護を提供する。


E母性看護専門看護師

女性と母子に対する専門看護を行う。主たる役割は、周産期母子援助、女性の健康への援助に分けられる。


F慢性疾患看護専門看護師

生活習慣病の予防や、慢性的な心身の不調とともに生きる人々に対する慢性疾患の管理、健康増進、療養支援などに関する水準の高い看護を行う。


G急性・重症疾患専門看護師

緊急度や重症度の高い患者に対して集中的な看護を提供し、患者本人とその家族の支援、医療スタッフ間の調整などを行い、最善の医療が提供されるよう支援する。


H感染症看護専門看護師

施設や地域における個人や集団の感染予防と発生時の適切な対策に従事するとともに感染症の患者に対して水準の高い看護を提供する。


I家族支援専門看護師

患者の回復を促進するために家族を支援する。 患者を含む家族本来のセルフケア機能を高め、主体的に問題解決できるよう身体的、精神的、社会的に支援し、水準の高い看護を提供する。



J在宅看護専門看護師

在宅で療養する対象者及びその家族が、個々の生活の場で日常生活を送りながら在宅療養を続けることを支援する。また、在宅看護における新たなケアシステムの構築や既存のケアサービスの連携促進を図り、水準の高い看護を提供する。


次に認定看護師です。


@救急看護認定看護師

  • 救急医療現場における病態に応じた迅速な救命技術、トリアージの実施
  • 災害時における急性期の医療ニーズに対するケア
  • 危機状況にある患者・家族への早期的介入および支援

A皮膚・排泄ケア認定看護師

  • 褥瘡などの創傷管理およびストーマ、失禁等の排泄管理
  • 患者・家族の自己管理およびセルフケア支援

B集中ケア認定看護師

  • 生命の危機状態にある患者の病態変化を予測した重篤化の予防
  • 廃用症候群などの二次的合併症の予防および回復のための早期リハビリテーションの実施(体位調整、摂食嚥下訓練等)

C緩和ケア認定看護師

  • 疼痛、呼吸困難、全身倦怠感、浮腫などの苦痛症状の緩和
  • 患者・家族への喪失と悲嘆のケア

Dがん科学療法看護認定看護師

  • がん化学療法薬の安全な取り扱いと適切な投与管理
  • 副作用症状の緩和およびセルフケア支援


Eがん性疼痛看護認定看護師

  • ・痛みの総合的な評価と個別的ケア
  • ・薬剤の適切な使用および疼痛緩和

F訪問看護認定看護師

  • ・在宅療養者の主体性を尊重したセルフケア支援およびケースマネジメント看護技術の提供と管理

G感染管理認定看護師

  • ・医療関連感染サーベイランスの実践
  • ・各施設の状況の評価と感染予防・管理システムの構築

H糖尿病看護認定看護師

  • ・血糖パターンマネジメント、フットケア等の疾病管理および療養生活支援

I不妊症看護認定看護師

  • ・生殖医療を受けるカップルへの必要な情報提供および自己決定の支援

J新生児集中ケア認定看護師

  • ・ハイリスク新生児の病態変化を予測した重篤化の予防
  • ・生理学的安定と発育促進のためのケアおよび親子関係形成のための支援

K透析看護認定看護師


  • ・安全かつ安楽な透析治療の管理
  • ・長期療養生活におけるセルフケア支援および自己決定の支援

L手術看護認定看護師

  • ・手術侵襲を最小限にし、二次的合併症を予防するための安全管理(体温・体位管理、手術機材・機器の適切な管理等)
  • ・周手術期(術前・中・後)における継続看護の実践

M乳がん看護認定看護師

  • ・集学的治療を受ける患者のセルフケアおよび自己決定の支援
  • ・ボディイメージの変容による心理・社会的問題に対する支援

N摂食・嚥下障害看護認定看護師

  • ・摂食・嚥下機能の評価および誤嚥性肺炎、窒息、栄養低下、脱水の予防
  • ・適切かつ安全な摂食・嚥下訓練の選択および実施

O小児救急看護認定看護師

  • ・救急時の子どもの病態に応じた迅速な救命技術、トリアージの実施
  • ・育児不安、虐待への対応と子どもと親の権利擁護

P認知症看護認定看護師

  • ・認知症の各期に応じた療養環境の調整およびケア体制の構築
  • ・行動心理症状の緩和・予防

Q脳卒中リハビリテーション看護認定看護師

  • ・脳卒中患者の重篤化を予防するためのモニタリングとケア
  • ・活動性維持・促進のための早期リハビリテーション
  • ・急性期・回復期・維持期における生活再構築のための機能回復支援

Rがん放射線療法看護認定看護師

  • ・がん放射線治療に伴う副作用症状の予防、緩和およびセルフケア支援
  • ・安全・安楽な治療環境の提供

S慢性呼吸器疾患看護認定看護師

  • ・安定期、増悪期、終末期の各病期に応じた呼吸器機能の評価及び呼吸管理
  • ・呼吸機能維持・向上のための呼吸リハビリテーションの実施
  • ・急性増悪予防のためのセルフケア支援

?慢性心不全看護認定看護師

  • ・安定期、増悪期、終末期の各病期に応じた生活調整及びセルフケア支援
  • ・心不全増悪因子の評価およびモニタリング

以上、専門看護師全11分野、認定看護師全21分野を挙げてみましたが、あなたがやりたい専門的な道はありましたか。


何か一つやりたい事が見つかると、転職も楽しみになるかも知れませんね。



次の章からは実際に転職に向けて行動していきましょう。

次は気になる病院の評判を調べるです→気になる病院の評判を調べる

関連ページ

年末・年度末など
転職もいわゆるシーズンがあり、そのシーズンは業種が異なるごとに違うといわれています。
ボーナス後に転職する
ボーナス後のシーズンは、退職のポイントとして上げられます。 しかし、タイミングが大事です。そのタイミングを間違えないようにしましょうね。
人生の転機
結婚や夫の転勤等の自分じゃあどうする事も出来ない転機。 こういった機会を迎えて退職をし、また違う角度からの勤務時間等を迎えて、転職する事も多いですよね。