転職後のイメージを持つ事は非常に大事

前章で金銭的なことをたくさん書いてきましたが、もちろんお金だけが全てではありませんよね。



人はお金以外にもっと大切な物があります。




旦那さん、子供、恋人、両親、友人など大切な人がいます。



また、習い事をしたり、体力作りをしたり、趣味を楽しんだりする時間。




お金(物)・人・時間は人が人間らしい生活をしていく上で重要な役割を果たします。



お金がなければ生活できないです。



食べ物も服もお金がなければ買えませんし、家賃だって払う事が出来ません。



たかがお金されどお金。

お金のことばかり口にする人を見るとうんざりしますが、生活する上では必要な物であることには間違いないです。



大切な人も同じですよね。



どんなに喧嘩していても、腹が立つことがあったとしても、その人が居ないと寂しく感じたり、不安になったりしますよね。




大切な人と過ごすということは知らず知らずに心の安定を図っているのです。




そして、その大切な人と過ごす為にも必要な時間。時間はいくらあっても足りないというのが私たち看護師の宿命のようなもの。夜勤をすると昼夜逆転したり、どんなに眠くても起きなければいけない事態が起こったり。



また、たまにはゆっくりしたいとも思いますよね。




趣味や習い事でリフレッシュしたり、仕事のための勉強に使う本を買いに行くのも、研修にいくのも、時間がなければ行けませんよね。



一番望んでいる事は何ですか?

転職動機の明確化を図る中で今、自分が一番望んでいる事がはっきりと浮かび上がってきたのではないでしょうか。



一番望んでいることは何ですか?



お給料が安いから転職したいと思ったあなた。




では、今のお給料より1割増しのお給料が貰えたら何をしたいですか?

  • もっと服を買いたい
  • ブランドもののバッグを買いたい
  • 貯金したい
  • 家を買いたいなどなど

本当にやりたかった事が見えてくる

転職理由の根本にある何を望んでいるのかが見えてきませんか?



休みが取れず時間がないから転職したいあなたはどうですか?もっと休みが貰えたら、

その増えた休みで何がしたいですか?


  • エステに行く時間を確保したい
  • もっと勉強する時間が欲しい
  • 子どもの試合の応援に行きたい
  • お料理教室に通いたいなど、

増えた休みを使って本当にやりたかった事が見えましたね?




では、単にお給料が増えることでその望みは叶えられますか?


増えた休みで元来望んでいたことはできますか?



一度、転職してしまうと簡単に戻ることは出来ませんし、また違う職場に転職となると、ここが一番良いと思って転職した職場より良い条件の職場はなかなか見つかりません。



転職することは簡単かも知れませんが、そこで続けることは難しい事も多々としてあります。



たくさんお給料を貰えるようになったけど、休日出勤が多くなって子供の試合を見に行くことができなくなった、旦那さんとすれ違いが増えて心まですれ違うようになってしまっては元も子もありませんよね。




物事は一長一短があって当然でしょうが、どちらかを優先すると、その反対のどちらかが疎かになることは希にあります。




お休みは増えたけど、お給料が少なくなってしまい、今まで通っていたお料理教室の月謝を払うのが精一杯、お金がないからエステも今までの三分の二に減らそうなんてことになるかも知れませんよね。



今、あなたが一番望んでいる事が達成出来たら、他のことは少しくらいなら余裕がなくなっても良いと思えるのでしょうか。



お給料もたくさん貰えて、お休みも多くて、家からの通勤も近くて、人間関係もとても良い職場なんて、ハッキリ言ってありません。



世の中、そんなに甘くはないです。



この看護師という仕事自体が大変な仕事ですから、他に甘い期待を抱きたくなりますが、なかなかそんな好条件の職場はありませんし、もしあれば退職する看護師も殆ど居ないでしょうから、求人もなかなか出ないでしょう。




「私は休日が少なくなってもたくさんお給料が貰えたら満足」という方も「お給料は少し少なくなっても旦那さんや子供と一緒にいる時間が増えればそれで良い」という方も「転職すると今と条件が変わってしまうから、お給料もお休みもまずまず妥協できる今のままで良い」と言われる方もいらっしゃるでしょう。



ここがポイントです。「何を望んで、何に妥協できるのか」



何度も前述しましたように、一度転職するとまた転職するのは難しいです。




履歴書にもキズが付きます。



短期で辞めてしまう人というレッテルを貼られるのは避けたいですよね。




目先の好条件に誘われて転職したら、とんでもなく昭和な感じの病院で「今時、個人の医院でもこんなことしているところないわよ」とずさんな管理体制に激怒して1日で辞めて来たのは私の友人の話です。



転職を後悔しない為にも、条件だけでなく、院内の情報についても、しっかりと下調べをしておく事をお勧めします。



次は病院、施設、医院どこで働く?です→病院、施設、医院どこで働く?

関連ページ

転職動機の明確化
何故転職をする必要性があるのか? 一種の今だけの感情の偏りによって、転職をしたい。転職をしなければならないと思っている事もありえます。再度見直してみましょう。
どこで働きたいのか?
自分に合った、職場環境を選ぶ事はとても大事な事です。少し背伸びをする事もいいでしょうし、ハードワークではなく病院で仕事をするのもいいでしょう。人生設計を行っていきましょう。
勤務形態を選ぶ
自分に合ったサイクル、リズムを作れるのはどの勤務形態なのか?適した勤務形態を選んで、その勤務形態で働ける病院を選んでいきましょう。
夜勤の形態について
夜勤をするなら、どんな形態があるのか?三交代と二交代でのいいところ、悪い所など、ご説明していきます。
経験値を知っておく
日常勤務の中で、自分が積んだ経験値を自分で知っておくと転職に生きてきます。自分をまず知ることが大切と言う事ですね。
スキルは?
あなたのスキルはいかがですか?最近は認定看護師、専門看護師などもありますが、認定や専門でなくても得意なことはあるはずです。 もし、認定や専門をお持ちでしたら、もちろんそれを活かせる職場でなくてはいけません。