大事な看護師の求人案件ポイント!夜勤をするならどんな形態?

さあ、いよいよ大詰めになってきました。




勤務携帯の希望ははっきりさせました。



前章で触れたように、夜勤はできるのか否か。




夜勤はできなくても遅くなることは可能なのか否か。



では、夜勤が可能な場合のお話を今回はさせていただきましょう。




基本的に看護師の夜勤形態は大きく分けて2種類あります。


二交代と三交代です。



今回は実際に私が勤務している三交代勤務からお話ししましょう。



三交代は夜中から朝までの深夜勤務、朝から夕方までの日勤勤務。夕方から夜中までの準夜勤務に分かれます。



病院によってもシフトの組み方は違いますが日勤をしてその日の夜中から働く、日勤深夜入りが基本である事が大多数です。



私は現在の病院で2件目ですが、どちらの病院も日勤深夜入りの勤務形態がありましたが、深夜の翌日が日勤だったり、準夜明けが日勤だったりと夜勤明けの翌勤務が日勤になることは絶対にありません。



ちなみに私が現在働いている病院は二交代制と三交代制が選択でき、三交代制の詳細な勤務時間は以下の通りです。



日勤:8:00〜17:15
準夜:16:20〜1:05

深夜:00:30〜9:15




都度変わる病院の勤務形態

近年は看護師の身体的・精神的負担の軽減のため午前勤務からの深夜入りや、一日休みからの深夜入り(俗に言うオフ深)のシフトが組まれるようになって来ているようです。



しかし、この勤務形態であると深夜入りの日と準夜の日は確実に夜の時間を拘束されることになります。


つまり深夜・準夜合わせて8回の夜間勤務をすれば8日分の夜の時間を拘束されることになります。


休日は準夜明けの休みが基本なので夜中に帰宅し、結局は午前中眠くて活動できないという事もあります。



実際に三交代勤務をしている私が考える三交代制と二交代制のメリットとデメリット


まずは三交代制のメリットです。

  1. 精神的・身体的に楽である。 これは人によって感じ方は色々でしょうが、勤務時間が8時間なので8時間頑張れば帰れるという気持ちに余裕があると思います。
    8時間って長いようで割とあっという間に過ぎます。


  2. 時間が短い。 上記にもリンクしますが、二交代の16時間の勤務に比べると半分ですから、重症の方の受け持ちがあったり、病棟自体が忙しく煩雑な状態では8時間の勤務で良かったと思います。


では、デメリットはどうでしょう。

  1. 休みが少ないと感じる。
    準夜明けの翌日が休みになるパターンが多いのですが、準夜が終わって片付けして着替えて帰ると自宅に着くのは2時を過ぎている事が大多数です。
    少し忙しく、記録が残ったり、片付けをしていると、病院を出るのが2時を過ぎている場合もあります。
    そうなると帰宅できるのは3時。そこから、お風呂に入って寝ても4時近くになっています。
    私は子供がいるので何時に寝ても最低6時には起きてお弁当を作らなければいけませんが、独身の方にお聞きしても、準夜明けはお昼まで寝ているので、準夜明けは半日しか時間がないとおっしゃっていました。


  2. 深夜入りの前の仮眠が出来ない。

    日勤が終わり、疲れて帰宅してもすぐには寝られないことがしばしばあります。 気持ちが落ち着いて居ないのでベッドに入っても眠くならない。
    私の場合は子供がいるので食事の準備や、翌日の準備などしていると21時くらいになってしまい、仮眠は殆ど取れません。
    仮眠が取れないので深夜の4時〜5時頃に強い眠気に襲われます。
    採血中、真空採血の生化のスピッツに血液が充満する時間ですら眠くて仕方ない時があります。


二交代勤務の詳細な勤務時間

次に二交代ですが、朝から夕方までの日勤と夕方から翌朝までの夜勤に分かれます。
私の勤務する病院の二交代勤務の詳細な勤務時間は以下の通りです。

日勤:8:30〜17:15

夜勤:16:00〜9:30



この勤務では準夜と深夜が連続してひと続きとなっているため、月に4回の夜勤をしても1回で準夜・深夜分を一気に勤務してしまうので夜の時間を拘束されるのは4回のみになります。





では、二交代制のメリットとデメリットもお伝えしましょう。
と言っても、私自身が二交代の経験がないので今の病院で二交代をしている後輩にインタビューして来ました。


まずは二交代制のメリットから

  1. 休みが丸一日、休みとして過ごせる。 休日は夜勤明けの次の日になりますので、まるで二連休のように感じます。
    夜勤明けで帰宅した日はもちろん1日自由です。
    その翌日も「明け休み」となるので丸一日自由であり、感覚的には二連休のように感じることができ、休息も充分に取れるそうです。


  2. 拘束回数が少ない。
    準夜と深夜を一晩に済ませてしまうので、4回夜勤をすれば8回分の準夜と深夜を勤務した事になるので、夜の拘束回数が少なくて済みます。夜勤の日は両親に子供を預けておられるシングルマザーには嬉しいですよね。
    親にお願いする回数が減って、少し 気兼ねする事が減ります。



  3. 連休が取りやすい
    「明け休み」が必ず保証されているので、「明け休み」の次の日に休み希望をしておけば、必然的に連休になるわけです。




次に二交代制のデメリットです。

  1. 勤務時間が長い
    一般的には二交代制の夜勤は16時間勤務が大多数です、16時間の勤務は本当に長く感じるようで、一番きついと感じたのは食事介助が夕方と翌朝の2回あるということだそうです。


  2. 勤務時間が長いので集中力が途切れる
    重症の方を受け持っている時にとても感じるそうですが、三交代だと8時間で帰れるのに、その倍の時間も重症の方の看護をしなければいかないので、かなり精神的な負担が大きいそうです。


さて、交代勤務に付いて話を進めてきましたが、病院によっては夜間専従の看護師を募集しているところもあります。
実際に私の勤務する病院でも夜勤専従看護師をアルバイトやパートという形で採用しています。
ある病棟の夜勤専従の方は準夜勤務ばかり月に10回アルバイトで勤務されています。
単純計算で週2〜3回の準夜勤務をこなしてくださっています。その方は主婦の方でご主人が早く帰宅する日に準夜勤務をされているとお伺いしました。
このように自身のライフスタイルにもよりますが、選択肢として夜勤専従も考慮してみるのも良いですね。


次は経験値を知っておくです→経験値を知っておく

関連ページ

転職動機の明確化
何故転職をする必要性があるのか? 一種の今だけの感情の偏りによって、転職をしたい。転職をしなければならないと思っている事もありえます。再度見直してみましょう。
転職で何を望むのか?
転職したい理由によって、何を望むのかは?人それぞれです。転職後のイメージを明確にイメージする事によって、面接や職場選び等のときにハッキリと自分の意志を伝える事が可能になります。
どこで働きたいのか?
自分に合った、職場環境を選ぶ事はとても大事な事です。少し背伸びをする事もいいでしょうし、ハードワークではなく病院で仕事をするのもいいでしょう。人生設計を行っていきましょう。
勤務形態を選ぶ
自分に合ったサイクル、リズムを作れるのはどの勤務形態なのか?適した勤務形態を選んで、その勤務形態で働ける病院を選んでいきましょう。
経験値を知っておく
日常勤務の中で、自分が積んだ経験値を自分で知っておくと転職に生きてきます。自分をまず知ることが大切と言う事ですね。
スキルは?
あなたのスキルはいかがですか?最近は認定看護師、専門看護師などもありますが、認定や専門でなくても得意なことはあるはずです。 もし、認定や専門をお持ちでしたら、もちろんそれを活かせる職場でなくてはいけません。