看護師が転職・退職する前にする事|近隣病院気になる病院の評判を調べる

看護師勤務病棟の満足度調査

ある調査会社が満足度調査を11病院、1857名の看護師に実施した結果が下記になります。


20代の看護師の不満の理由TOP3


  1. 現在の給与
  2. 福利厚生制度
  3. 仕事量の適切さ
20代、30代、40代のいずれもランクインしているのが、給与
自分の時間を使う、代償が給与として反映されます。
その給与にどの年代も不満があるという結果が残っています。




30代の看護師の不満の理由TOP3

  1. 現在の給与
  2. 福利厚生制度
  3. 職場環境(設備・施設)
職場環境と仕事量の適切さを同じカテゴリーとして分類すると、やはり実際に働いている職場に対して、もっとこうして欲しい。もっとこうなれば働きやすいのに・・・といった事を思っています。




40代の看護師の不満の理由TOP

  1. 福利厚生制度
  2. 現在の給与
  3. 職場環境(設備・施設)

最後に、40代のみ1位でその他が2位の福利厚生制度ですね。



40代になると家庭をお持ちの方が増えますし、何よりも家族ベースでの考え方、税金に対してどういった工夫を行えばいいのか?等、若干敬遠したいような内容を刺しているのではないか?と個人的には感じました。



これを見てあなたはどう思いましたか?




一つの病院ではなく11病院の看護師に対するアンケート結果なので、私は偏りのない意見だと感じています。



逆に満足度の高かった項目も発表いたしますね。



20代の看護師の満足度理由TOP3

  1. 職場の人間関係や雰囲気
  2. 仕事へのやりがい
  3. 教育機会

どの年代もベスト1が人間関係です。



逆を言うと一番重要視している


続けられている理由が人間関係なんでしょう。



ちなみに転職や離職する際の理由No.1も人間関係です。



30代の看護師の満足度理由TOP3

  1. 職場の人間関係や雰囲気
  2. 休暇の取得
  3. 仕事へのやりがい


30代と40代のみランクインしている項目


休暇の取得


理由としては様々な要因があるかと思いますが、年齢と共に必ず来る体、精神的な衰え また家族との時間を大切にするという行為。



こういった内容を病院側は理解してくれていると看護師の離職率に対して、パーセンテージをあげる事が可能になるのではないか?と思います。


40代の看護師の満足度理由TOP3

  1. 職場の人間関係や雰囲気
  2. 仕事へのやりがい
  3. 休暇の取得

40代の方の結果を見ていて、思ったのが仕事へのやりがいになります。



20代前半から大学を卒業し、資格を保持し40代でも働いているという事はやはり仕事に対して責任ややりがいがあるから続けられているのかもしれません。


また、准看からの正看への中途ステップアップや30代からの資格取得を目指される方も今では少なくありません。



そして、念願の資格を保持し看護師として仕事を満喫する事へのやりがいも含まれているのかもしれないですよね?





こうして見てみると、物理的なことに関しては不満足と思い、精神的や心理的なことに対しては満足と感じていることが分かります。


そして、こちらに会社の調査結果のグラフを見ると、30代での不満足度が高く、看護師として経験を積み、活躍の場も多岐に渡り、やりがいを感じる反面、色々なことに目が向くようになり負担や不満も多くなってくるのでしょう。



また、30代というと人生の帰路を迎えワークライフバランスを考える年代となってくるからでしょうね。





自分の勤務先病棟をあてはめてみる。

では、今転職をしたいと思っているあなたの働いている病院の良いところはどんなところですか?




スタッフがみんな和気あいあいとしていてアットホーム、スタッフが研修などに積極的に参加していて意識が高い、業務調整がうまくいき定時に帰れる・・・などなど。




いろいろな良いところがあると思います。


では、悪いところは?




2〜3年毎に異動があり異動が多いと感じる、年齢的に給料が安いと感じる、職場の雰囲気的に育児をしながらでは復帰しにくいと感じる・・・などなど。




悪いところもたくさんありますよね。



しかし、これらの悪い一面はそう感じているだけかも知れませんよね。




それでは、良い点、悪い点は何を基準に導き出した結果でしょうか?



  • 自分の主観ですか?
  • 前に働いていた病院との比較でしょうか?
  • それとも友人の働いている病院との比較ですか?



もし、自分の主観であるなら近隣の病院の情報をリサーチして、その情報が本当なのか調べてみませんか?





今の病院の給料は本当に安いのでしょうか?



実はもっと安いお給料で働いている病院もあり平均的なお給料かも知れません。




本当にスタッフの意識が高いのでしょうか?



実はほとんどの看護師が常に院外研修に出かけOJTを実施しスタッフのスキル向上に取り組んでいるところがあるかも知れません。




他の病院との比較というのはとても大事です。



「井の中の蛙」という言葉があるように、自分が働いている病院の内情しか知らずにその病院の良し悪しを判断していては正確な判断ができず、誤った判断をしてしまいます。





近隣の病院で働く、同年代同キャリアの看護師を比べてあなたのお給料や待遇はどうであるか。




ポジションや責任の重さ、委員会活動の参加などはどうですか?



今のポジションはスタッフでも、病院によっては年齢層が低いとあなたの年代では主任をしているなんてこともありますよ。





実際に、私の同級生は20代後半で主任をしていましたが、そこの病院は新しく入職されても3年くらいですぐに辞めてしまうそうで、20代後半まで勤続している看護師が少なく、少し長くいるというだけで主任に抜擢されたそうです。




年齢層だけで主任にされてはきっと困ったでしょう。




結局、その同級生は主任の重圧に耐えられず1年で退職してしまいました。




あなたが同じ立場ならそれで良いですか?




お給料の良さだけで転職したらいろいろと責任ある仕事を任さられて、結局は給料以上に働くなんてこともあります。



しっかりとした情報収集をして、本当にその病院が今のあなたに合っているのかを見極める事が必要であると思います。



後悔しないために情報収集の時間を怠ってはいけません。


とにかく、自分の身の丈に合っているのか、働いている看護師の年齢層はどれくらいの年齢層が多いのか、同じ年代の看護師の給与はどれくらいなのか、細かい情報収集をすることで就職・転職してから後悔する事がなくなります。




よく、ネットで見る看護師の平均年収などは全国平均なので地方によってかなりの格差があるので年収を判断する時の資料としてはお勧めしません。




同地域の同年代の看護師の平均年収が分かればいいのですが、その様な各地域毎に調査がされていることは少ないです。



あったとしても首都圏や大阪府、名古屋など主要都市部などの調査結果でしょう。




各地域の平均年収や収入を知るためには直接、各病院に資料請求などをするのも良いですね。




必ず基本給が書かれており、どの年代の基本給がモデルに書かれているのか記載して有りますので、きっと参考になると思います。



次はSNSなどの口コミを活用です→SNSなどの口コミを活用

関連ページ

口コミを活用する
口コミは大事です。 ただ、その口コミサイトの信憑性、信用は出来るサイトなのか?等見極めが大事です。
求人転職会社を活用する
転職会社を活用する事も転職の近道の手です。 いわゆる転職のエージェントは自分で調べる労力をかけずに、活用する。