ハローワークには行きたくなかった|看護師の転職会社を利用した口コミ

一昔前の求人の主流はハローワークしかない時代もありましたが、今はネットや転職会社など色々なアイテムがあり求人の幅も広くなりましたね。

 

しかし、今の世の中、看護師の求人と言えば転職会社を利用する。

 

もしくは自己で探すのどちらかになっています。

 

実際に私の周りの転職経験者に聞いてみてもハローワークは最初から利用するつもりはなかったと言われます。

 

では、なぜハローワークは看護師の転職アイテムから廃れていってしまったのでしょう。

 

それには、ハローワークの性質に関係しています。

 ハローワークとは「公共職業安定所」の愛称です。ハローワークの位置づけとして「民間の職業紹介事業等では就職へ結びつけることが難しい就職困難者を中心に支援する最後のセーフティネットとしての役割を担っています。また、地域の総合的雇用サービス機関として、職業紹介、雇用保険、雇用対策などの業務を一体的に実施しています。」(厚生労働省より抜粋)

 

とあるように、公の機関でとして機能しています。

 

もっと簡単に言うと国(労務省)が管轄する公の職業安定所であるので、求人内容は大勢の方のめに付きます。

 

もちろん、病院の求人が不特定多数の方の目に付くことで「あそこの病院は看護師不足だ」という風評もありますが、何よりも給料を上げてでも看護師に来て欲しい病院側としては、この事実が今現在病院で働いている看護師の目に入ると「私も給料を上げて欲しい」「なぜあの人だけ給料が良いのか」といった不平不満がでるようになります。

 

ハローワークのデメリット

 また、大々的に公になるため応募者が多数となり、自施設でその面談などの振り分けを行わなければならないので、病院側としてもあまりハローワークに求人を出したがりません。
↑これが理由の大半を締めています。

 

これらのことから、ハローワークの求人はタイムリーさに欠けることが分かります。

 

逆に、ハローワークに求人を出している医療施設は地域に密着した医院や診療所などが多いです。

 

と言うことは、病院ではなく医院や診療所などの個人施設を遺忘される方はハローワークが合っていると言えますね。

 

この辺りをしっかり理解していれば、自分の転職したい医療機関が病院なのか医院なのかで求人情報を求める場所から違ってきますね。

 

昔から求人広告のアイテムとして長く愛されてきたハローワークですが、公共の施設のメリットとデメリットがありますが、もちろん転職会社メリットとデメリットもあります。自分が望む転職先によって求人施設を変えるのも賢明だと経験上思います。

関連ページ

友人が利用していたから
あんなに悩んでいた友人が転職した途端にとても明るくなって、人が変わったようになったのを目の当たりにすると「私も同じように転職して明るい未来を手に入れたい」と思うのが人間の心理です。 勿論、転職を考えていたり、仕事に対して悩みを持ってたりする方の場合です。 こうして、クチコミで転職会社のことを知り、転職会社を利用して転職される方も少なくありません。
転職祝い金が貰えるから
私が働く病院で転職経験のある看護師で、転職会社を利用した事のある看護師に聞き取り調査をしたところ、転職会社を利用した理由の中に「転職祝い金が貰えたから」と答えた看護師がたくさんいました。転職祝い金ってどういうもの?
無料だったので登録だけしてみた
先日、私の病院で働く看護師に転職会社を利用した理由について聞き取り調査をした時にびっくりした答えが「無料だったので登録だけしてみた」という答えです。確かに登録料は無料です。登録料がかからないという理由で登録して、結局はその転職会社さんを利用して転職したということですね。転職会社は登録料も無料なら、利用料も無料です。初めは無料だからと軽い気持ちで登録したら意外と良かったと言われる方が多数いらっしゃいました。