自己分析、再認識する事は非常に大事です。

もう、ご自分のことはよく理解できてきましたね。

 

いよいよ「転職したいと思ったらする事」の最後になりました。

 

これまでリサーチしたり自己分析したりといろいろな事をしてきましたね。

 

最後に、あなたの経験値を改めて見直してみましょう。

まず、経験のある科は何科ですか?

 

内科、外科、整形外科、泌尿器科、産科、婦人科、耳鼻科、眼科、皮膚科、消化器内科・・・今、出てくる簡単なものだけでもこれだけあります。

 

どんな経験があり、どの科を得意としているのか今一度、考えてみてください。

 

電カルの経験はありますか?

最近、大きな病院では電カルが主流です。
電カルでなくてもオーダリングシステムを導入している所は多数あります。

 

また電カルも、どのメーカーのパソコンを使用し、どこのシステムを使用しているかにより若干の違いはあります。

 

次に管理業務です。

主任経験がある、師長経験があるなど管理業務の経験があれば有利な条件ですが、管理業務よりも現場が好きで転職を考える管理職の方もいらっしゃいますので、一概には言えません。

 

もし、管理職をされるなら、管理職研修などに参加されたことはありますか?

 

各自治体の看護協会が主催しているファースト研修などに参加したことがあれば、再度研修内容を見返しておく事をお勧めします。

 

さあ、あなたの経験値の再確認できましたね。

 

今後、転職時に必ず役立つ時が来ます。

 

次はスキルは持っていますか?です→スキルは持っていますか?

関連ページ

転職動機の明確化
何故転職をする必要性があるのか? 一種の今だけの感情の偏りによって、転職をしたい。転職をしなければならないと思っている事もありえます。再度見直してみましょう。
転職で何を望むのか?
転職したい理由によって、何を望むのかは?人それぞれです。転職後のイメージを明確にイメージする事によって、面接や職場選び等のときにハッキリと自分の意志を伝える事が可能になります。
どこで働きたいのか?
自分に合った、職場環境を選ぶ事はとても大事な事です。少し背伸びをする事もいいでしょうし、ハードワークではなく病院で仕事をするのもいいでしょう。人生設計を行っていきましょう。
勤務形態を選ぶ
自分に合ったサイクル、リズムを作れるのはどの勤務形態なのか?適した勤務形態を選んで、その勤務形態で働ける病院を選んでいきましょう。
夜勤の形態について
夜勤をするなら、どんな形態があるのか?三交代と二交代でのいいところ、悪い所など、ご説明していきます。
スキルは?
あなたのスキルはいかがですか?最近は認定看護師、専門看護師などもありますが、認定や専門でなくても得意なことはあるはずです。 もし、認定や専門をお持ちでしたら、もちろんそれを活かせる職場でなくてはいけません。