求人案件としての勤務形態を主張するのはとても大事です。

次は看護師独特の勤務形態の問題です。

 

まずは、正規職員以外の働き方もあります。

 

アルバイトやパート、夜勤専従なんていう働き方もありますが、ご自身のライフスタイルに合わせて選びましょうね。

 

ご主人の転勤や結婚などで転職をされる場合、また数年で転勤というのであればパートで働くのも良いでしょう。

 

正規職員になって責任のある立場になると辞めづらくなります。

 

また、結婚してすぐであれば妊娠の可能性もあり採用後、時間が経ってなければ正規職員であっても産休手当や育児休暇の面で差が出て来ることもありますので、その辺りは職場に直接確認が必要です。

 

さあ、パートで働くか正規職員として働くか決まったところで、パートでも夜勤をされる方もいますし、正規職員でも夜勤をされない方もいますので、夜勤は出来るのか否かはっきりさせましょう。

 

ご主人を含めた家族との兼ね合いもあるでしょう。

 

実家でも親御さんとの兼ね合いもあるでしょう。

 

夜勤は出来ないけど、オペ室のようにロングのオペで遅くなるのは構わない。

 

カテ室勤務で夜間の呼び出しは大丈夫ですというのもありですね。

 

また、透析専門病院であれば朝6時から夜22時くらいまで1日3クール透析しているところもあります。

 

全く夜は出られないのか、遅くなるのは構わないか、その辺りの違いで配属部署も変わってきますので自身の対応可能な時間はしっかり考えておきましょうね。

 

次は夜勤の形態についてです→夜勤の形態について

関連ページ

転職動機の明確化
何故転職をする必要性があるのか? 一種の今だけの感情の偏りによって、転職をしたい。転職をしなければならないと思っている事もありえます。再度見直してみましょう。
転職で何を望むのか?
転職したい理由によって、何を望むのかは?人それぞれです。転職後のイメージを明確にイメージする事によって、面接や職場選び等のときにハッキリと自分の意志を伝える事が可能になります。
どこで働きたいのか?
自分に合った、職場環境を選ぶ事はとても大事な事です。少し背伸びをする事もいいでしょうし、ハードワークではなく病院で仕事をするのもいいでしょう。人生設計を行っていきましょう。
夜勤の形態について
夜勤をするなら、どんな形態があるのか?三交代と二交代でのいいところ、悪い所など、ご説明していきます。
経験値を知っておく
日常勤務の中で、自分が積んだ経験値を自分で知っておくと転職に生きてきます。自分をまず知ることが大切と言う事ですね。
スキルは?
あなたのスキルはいかがですか?最近は認定看護師、専門看護師などもありますが、認定や専門でなくても得意なことはあるはずです。 もし、認定や専門をお持ちでしたら、もちろんそれを活かせる職場でなくてはいけません。