転職をしようと思った動機を掘り下げてみる。

「転職の理由」のシリーズでもお伝えした通り、転職理由は人それぞれあります。

 

給料が安い割に勉強会などの拘束時間が長い・人間関係が良くなくやりたいことが出来ないなど、転職理由には2〜3の理由が複合されている場合もあるはずです。

 

ここで、自身の転職動機を明確にする意味についてお話ししましょう。

 

例えば3種類の転職理由が複合されていると仮定しましょう。

 

A病院に転職して@とAの理由は改善される可能性は高いがBの理由は改善されないとなると、その転職は有意義な転職となり得ますか?

 

違うパターンで@の理由は改善される可能性は低いがAとBが改善される可能性が高い場合はどうでしょう。

 

@〜Bの転職理由全てが改善されることはなかなかないと思いますが、3つの内の2つなら改善されそうな場合、どの転職理由を最優先しどの理由を妥協出来るのか。

 

自身の中でしっかりと明確にしておかなければ、転職先の複数の候補から一番自分に合った転職先を選ぶ事が出来ません。

 

人間関係も良く、やりたい事も全て叶えられるけど、前職場よりお給料がかなり減ったとなると生活が困りますよね。

 

自分の中の最優先は何であるのか。

 

妥協はどのラインなら出来るのか、しっかりと見極めておくことで実際に面接の場で、給与交渉や部署交渉をする基準にもなりますので、まずは自分を見つめ直してください。

 

次は転職後の自分をイメージするです→転職後の自分をイメージする

関連ページ

転職で何を望むのか?
転職したい理由によって、何を望むのかは?人それぞれです。転職後のイメージを明確にイメージする事によって、面接や職場選び等のときにハッキリと自分の意志を伝える事が可能になります。
どこで働きたいのか?
自分に合った、職場環境を選ぶ事はとても大事な事です。少し背伸びをする事もいいでしょうし、ハードワークではなく病院で仕事をするのもいいでしょう。人生設計を行っていきましょう。
勤務形態を選ぶ
自分に合ったサイクル、リズムを作れるのはどの勤務形態なのか?適した勤務形態を選んで、その勤務形態で働ける病院を選んでいきましょう。
夜勤の形態について
夜勤をするなら、どんな形態があるのか?三交代と二交代でのいいところ、悪い所など、ご説明していきます。
経験値を知っておく
日常勤務の中で、自分が積んだ経験値を自分で知っておくと転職に生きてきます。自分をまず知ることが大切と言う事ですね。
スキルは?
あなたのスキルはいかがですか?最近は認定看護師、専門看護師などもありますが、認定や専門でなくても得意なことはあるはずです。 もし、認定や専門をお持ちでしたら、もちろんそれを活かせる職場でなくてはいけません。