自己分析、再認識する事は非常に大事です。

さあ、どんどん大詰めになってきましたよ。もう心の準備はほぼ出来ていますか?

 

得意な事は何ですか?

では次に、あなたのスキルはいかがですか?最近は認定看護師、専門看護師などもありますが、認定や専門でなくても得意なことはあるはずです。
もし、認定や専門をお持ちでしたら、もちろんそれを活かせる職場でなくてはいけません。

 

認定や専門も更新制なのでその分野に従事しておかなければ更新できないですし、新しい情報も入ってきにくいです。

 

また、横の繋がりも大事ですよね。

 

同じ認定や専門をお持ちの看護師同士、情報交換の場も必要でしょう。

 

その分野の研修や学会にも参加しなければいけません。

 

転職しようとしている病院では研修や学会への参加は出張扱いなのか、自費参加なのかも大事なポイントです。

 

例えば大阪にお住まいの方が北海度の学会に参加するとなれば交通費だけでも大きな負担です。

 

交通費だけでも病院が負担してくれるならなんとか参加もできますが、全てが自己負担となれば転職のメリットがあるのか否か検討する必要があります。

 

特に学会への参加は普段登録していない学会に参加する場合、高額の参加費用が必要となります。

 

また、認定や専門に対して手当の出る病院もありますので、その辺りもしっかりと確認していく必要がありますね。

関連ページ

転職動機の明確化
何故転職をする必要性があるのか? 一種の今だけの感情の偏りによって、転職をしたい。転職をしなければならないと思っている事もありえます。再度見直してみましょう。
転職で何を望むのか?
転職したい理由によって、何を望むのかは?人それぞれです。転職後のイメージを明確にイメージする事によって、面接や職場選び等のときにハッキリと自分の意志を伝える事が可能になります。
どこで働きたいのか?
自分に合った、職場環境を選ぶ事はとても大事な事です。少し背伸びをする事もいいでしょうし、ハードワークではなく病院で仕事をするのもいいでしょう。人生設計を行っていきましょう。
勤務形態を選ぶ
自分に合ったサイクル、リズムを作れるのはどの勤務形態なのか?適した勤務形態を選んで、その勤務形態で働ける病院を選んでいきましょう。
夜勤の形態について
夜勤をするなら、どんな形態があるのか?三交代と二交代でのいいところ、悪い所など、ご説明していきます。
経験値を知っておく
日常勤務の中で、自分が積んだ経験値を自分で知っておくと転職に生きてきます。自分をまず知ることが大切と言う事ですね。