自分に合った、職場環境を選んでいきましょう。

自分に最適な職場環境を選んでいく

転職動機を明確化し、何を望み、何がしたいかを見つめ直したら、自ずと自らの進むべき道が分かってきませんか?

 

看護師は働く場所によって、働き方や役割、責任などが大変変わって来ます。

 

同じ看護師免許でも選択する仕事場や環境によって、仕事内容も、知識も変わって来ます。

 

しかし、看護師は介護士やヘルパーと違うのは「全てのことにエビデンスを持って関わっている」ことです。

 

経験から得た知識だけでなく、看護師の免許を取る為に費やした3〜4年の時間を役立てる場として働きたいですね。

 

あなたのやりたい事は明確になっていますか?

 

患者さんとじっくり、向き合うような看護がしたいと思っているのに大病院に転職したら、多忙でそれどこではなくなります。

 

逆にバリバリ最先端で働きたいと思っている人が町の医院で働こうと思いませんよね。

 

規模の大きな病院ではいろいろな専門分野が確立しています。

 

同様の事を前述していますが、同じ内分泌科でも、甲状腺、副甲状腺、副腎、下垂体、視床下部、すい臓と多岐に渡っています。

 

糖尿外来を専門医にされている病院もあります。

 

糖尿の勉強が好きで、その分野に興味があり、糖尿病看護の領域で働きたいなら日本糖尿病療養指導士認定機構が認定する糖尿病療養指導士の資格を取る事も有利な転職する第一歩です。

 

しかし、かなり厳しい受験資格なので転職先で「糖尿病療養指導士を取りたいので貴院を志望しました」と言うのも一つの手かも知れません。

 

次は勤務形態を選ぶです→勤務形態を選ぶ

関連ページ

転職動機の明確化
何故転職をする必要性があるのか? 一種の今だけの感情の偏りによって、転職をしたい。転職をしなければならないと思っている事もありえます。再度見直してみましょう。
転職で何を望むのか?
転職したい理由によって、何を望むのかは?人それぞれです。転職後のイメージを明確にイメージする事によって、面接や職場選び等のときにハッキリと自分の意志を伝える事が可能になります。
勤務形態を選ぶ
自分に合ったサイクル、リズムを作れるのはどの勤務形態なのか?適した勤務形態を選んで、その勤務形態で働ける病院を選んでいきましょう。
夜勤の形態について
夜勤をするなら、どんな形態があるのか?三交代と二交代でのいいところ、悪い所など、ご説明していきます。
経験値を知っておく
日常勤務の中で、自分が積んだ経験値を自分で知っておくと転職に生きてきます。自分をまず知ることが大切と言う事ですね。
スキルは?
あなたのスキルはいかがですか?最近は認定看護師、専門看護師などもありますが、認定や専門でなくても得意なことはあるはずです。 もし、認定や専門をお持ちでしたら、もちろんそれを活かせる職場でなくてはいけません。