転職や求人を探すのはいつでも出来ます。辞めたいという気持ちを再度チェック

転職の理由記事一覧

転職希望の理由TOP3に入る理由・・・その1です。一時期、勝ち組負け組と言う言葉が流行りました。最近では格差社会の問題が起きています。何を基準に勝ち組負け組というのか単純な答えはないかも知れませんが、どうしても業種や収入で判断されがちです。看護師の収入はOLさんより遥かに良い恐らく、一般の方からみると看護師の収入は普通のOLさんより遥かに良いです。厚生労働省が平成24年に発表した賃金構造基本統計調...

看護師には外的ストレスと内的ストレス両方来る人間がストレスを感じる因子の中には外的ストレスと内的ストレスの2種類あります。外的ストレスの中には寒暖差やケガ、振動などの物理的刺激と酸素の欠乏や有害物質などの化学的刺激、害虫や寄生虫などの生物的刺激などが含まれます。内的ストレスの中には転勤や徹夜などの身体的刺激と対人関係や社会生活のひずみなどの心労的刺激があります。ある調査によると人間がストレスを感じ...

平均的な看護師の残業時間ある調査によると、看護師の平均残業時間は1.9時間/日だそうです。単純計算で月20日働いたとして1ヶ月38時間の残業をしていることになります。これは平均的な数字であり、職場環境によってはもっと多くの残業を強いられているところもあります。恐らく、この平均的な数字なら何の不満もないでしょう。しかし、残業が毎日3〜4時間となると身体的負担が大きくなってきますよね。もちろん、身体的...

7:1の看護体制に変わったことによる、経営戦略に巻き込まれた結果2006年に厚生労働省が診療報酬改定で、看護職員(看護師、准看護師、看護補助員を含む)1人が受け持つ入院患者さんの数で決まる「入院基本料」の区分に、病院が最も高い報酬を得られる「7人」という区分を加えました。それまでは15人、13人、10人の3区分だった。「7:1の看護体制」をとれば、一つ下の10人の区分に比べ、100床当たり年間約1...

看護師なら自分が得意な分野という物があります。題名の通り、やりたいことが出来ない、させて貰えないと不平や不満の積み重ねとなります。不満とは「もの足りなく、満足しないこと。また、そのさまやそう思う気持ち。不満足。」(デジタル大辞泉より)とあります。今、置かれた状況に不満がある状態です。不平不満を持つことには自分の中に目的があり、今ある自分自身やその関係性に対する問題を教えてくれるサインなのです。今の...

離職率が高い職種看護師突然ですが、たびたび話題になるこのテーマ・・・看護師の離婚率。看護師の離婚率が高いという確固たるデーターがあるわけではないですが、経験上で言うなら他の職種の方に比べ格段と離婚率は高いように感じます。実際「看護師やってなければ離婚はしてないなぁ」「この仕事だから我慢もせずにスパッと離婚したのよ」「だって、看護師の給料があれば食べていけるもん」などなど、看護師の離婚に関する名言(...

燃え尽き症候群とは燃え尽き症候群(バーンアウト)とは、「一定の生き方や関心に対して献身的に努力した人が期待した結果が得られなかった結果感じる徒労感または欲求不満。慢性的で絶え間ないストレスが持続すると、意欲を無くし、社会的に機能しなくなってしまう[症状。一種の心因性(反応性)うつ病とも説明される。極度のストレスがかかる職種や、一定の期間に過度の緊張とストレスの下に置かれた場合に発生する。](Wik...

日本看護協会が定義するもの皆さんは「看護者の倫理綱領」をご存知でしょうか。日本看護協会のホームページにもありますが、看護を行う上で倫理的な行動指針が示されています。看護師の仕事は人の命を預かる仕事で、自分勝手な行動が患者さんや他人に多大な迷惑をかけることがあります。そんなことのないように、自らの行動を律する為に看護者の倫理綱領が示されているのですが、その中の第8条に「看護者は、常に、個人の責任とし...

今、この記事を書いているのが6月中旬です。そろそろ、新人さんの癖が見えたり、傾向が見えたり、苦手なところが分かったりと人間的にも色々なところが目につくようになって来ました。新人ナースのお話、3ヶ月で大体分かってくる時期少し私の部署の話をしますね。今年度は3名の新人さんが配属されました。1人は営業経験のある脱サラ組の30代の男性。1人は様々な職業を経験し最終的に看護の道を選び、准看護師を経て看護師に...