転職の原因はホント些細な事から始まったりします

日本看護協会が定義するもの

皆さんは「看護者の倫理綱領」をご存知でしょうか。
日本看護協会のホームページにもありますが、看護を行う上で倫理的な行動指針が示されています。




看護師の仕事は人の命を預かる仕事で、自分勝手な行動が患者さんや他人に多大な迷惑をかけることがあります。




そんなことのないように、自らの行動を律する為に看護者の倫理綱領が示されているのですが、その中の第8条に

「看護者は、常に、個人の責任として継続学習による能力の維持・開発に努める」
というものがあります。





解説は

「看護者には、科学や医療の進歩ならびに社会的価値の変化にともない多様化する人々の健康上のニーズに対応していくために、 高い教養とともに高度な専門的能力が要求される。このような要求に応えるべく、計画的にたゆみなく専門職業人としての研鑽に励み、 能力の維持・開発に努めることは、看護者自らの責任ならびに責務である。




日本看護協会は継続教育の基準を提示するとともに、様々な継続教育のプログラムを実施している。




看護者は、自施設の現任教育の プログラムの他に、都道府県看護協会が開催する研修、専門分野の学会・研究会、及び各種研修などの継続学習の機会を積極的に活用し、 専門職業人としての自己研鑽に努める。」

となっています。





勉強会が多いけれども・・・

この倫理綱領第8条を遂行するかのように、私たち看護師の世界は本当に勉強会や研修が多いです。




多い時は1週間に2回の学習会がある時もあります。




もちろん、患者さんの命を預かる仕事をする上では必要なことではありますが、毎日、遅くまで仕事をしているのに、その上たまに早く帰れそうな時に限って夕方から勉強会・・・となると、やっぱり「今日くらいは早く帰りたいな」と思いますよね。




「残業が多い」の章にも少し似ていますが、その病院によっては勉強会のノルマがあり月に1回以上は勉強会に参加する。




1年に2回以上は外部の研修会に参加するなどの規制がある病院もあります。




勉強会は夕方の日勤が終わってからの時間なので17時30分から19時くらいまでの時間、拘束されてしまいます。




実際に研修にいってみた

この記事を書いている今日も大阪で研修を受けて来ました。




事前にeラーニングで予習をしてから受ける研修で、受講に8000円もかかりました。




主婦ナースには8000円って大きいですよ。




でも、今回は自費でした。




出張扱になると復命書を書かなければいけないので自費で行ってきましたが、大阪まで行くだけでも疲れるんです。




おまけに慣れない座学でお尻は痛いし。(お尻が大きいからですが(笑))




結構、研修って疲れるんですよ。




普段使ってない左脳を酷使するからでしょうか。




余談はさておき、勉強することは楽しいことでもあるのですが、仕事終わりのヘトヘトになった状態での勉強会は本当に苦痛で仕方ありません。



勤務外の仕事がモチベーションダウン?

勉強会だけでなく委員会活動など時間内での活動の宿題を家に持ち帰るなど病院内だけでなく、委員会の資料作りや議事録の作成、看護研究の記事、勉強会のPowerPointなど、事務仕事は持ち帰りをすることもあります。




家事を終えて一息つく暇もなくパソコンに向かい、病院からの持ち帰りの仕事をこなす。




家ではパソコンの周りで子供が遊んでいたり、学校の出来事を話しているのに、子供の相手をしてやることも話をきいてやる事も出来ず、ひたすら持ち帰りの仕事をする。




もちろん、持ち帰りで済ませるので残業代も出ることもなく、子供の相手も出来ず母としては失格なのに仕事では評価されどんどん仕事は増える。




こうして悪循環となってきます。




バランスを保つのが非常に大変

その反面、看護職の倫理綱領第12条では

「看護者はより質の高い看護を行うために、看護者自身の心身の健康の保持増進に努める」
とあり、本当に矛盾したことが起こっています。




片や継続学習してスキルを高めよと唄い、片や健康増進に努めよと唱っています。




確かにどちらも大切ですが、どちらかを頑張るとどちらかがおろそかになってしまい、バランスを保つのが大変ですね。




そして、バランスが崩れると歪が出てきて仕事に影響してきます。




睡眠不足のまま日勤が終了して家に帰っても気の休まる時間もなく、持ち帰りの仕事に取り掛かる。




こんな毎日の繰り返しでは精神的に疲れてしまいます。




勉強会もノルマ制になれば、その時間を確保するため帰宅が遅くなります。




そんな毎日でいいですか?




勉強して看護師としての成長も必要ですが、それが体調を崩す原因になってしまったり、家庭内不和の原因になってしまうと、看護師の仕事さえ続けることが難しくなります。




何事にもバランスが大切だということですね。




勉強会や研修会での拘束が多く仕事を辞めることは良くないかも知れませんが、それが原因で苦痛を感じているのなら仕事を辞めてもっとのびのびと働ける場を探す事も良いかも知れませんね。




関連ページ

お給料が安いまたは低い
転職希望の理由TOP3に入る理由・・・その1です。
人間関係
良好な人間関係が築けたらベストですが、一度もつれるとやっかいなのが、人間関係。 その人間関係について、書いてみようと思います。
残業が多い
残業が多い病院・・・それはそれでやりがいがあるけれども。。。そうではない!!って言う方是非ご覧下さい。
病院の技術が高すぎる
自分のスキルと適性またはちょっと上の病院とは桁違いに上の病院で今働いてる。ついていけない。。。といった事で、転職を考えられる方もおられます。
やりたいことができない
未来のビジョンがしっかりしているのに、その道、そのレールの上を走れない。やきもきしてしまう。そういった状態のときに、転職をしようと考えてしまうものです。
休みが取れない
休みが思うように取れない。時間が不規則すぎて・・・ 様々な事柄が原因で頭を悩ませてしまいますよね。
燃え付き症候群
走っている最中は無我夢中でもゴールをしてしまうと・・・虚無感にかられ、やる気、モチベーションが低下・・・病院を変えるという選択を取られる方もいらっしゃいます。
理想と現実のギャップ
少し私の部署の話をしますね。今年度は3名の新人さんが配属されました。1人は営業経験のある脱サラ組の30代の男性。1人は様々な職業を経験し最終的に看護の道を選び、准看護師を経て看護師になった40代の女性。最後の1人は衛生看護科を卒業しストレートで看護師になった20代の女の子。まぁ、三者三様です。営業経験のある男性看護師はさすが営業経験者。口が立ちます。しかし、先輩相手にも口が立つのでそこがちょっと残念なところ。40代の准看護師経験者の女性はさすがソツない行動ですが准看護師経験が邪魔を してエビデンスを考えずに行動する癖があります。ストレートで看護師になった20代の女の子は素直。絵に書いたような素直さ加減で、見つめられたら恥ずかしくなる暗い真っ直ぐな目をしていて、患者さんのことを本当によく考えています。たった3ヶ月しか経ってないこの6月にもう三人のキャラクターやパーソナリティがはっきりし、苦手なことが手に取るように分かります。