自分が仕事に求めるニーズに合っているかを見極める。

7:1の看護体制に変わったことによる、経営戦略に巻き込まれた結果

2006年に厚生労働省が診療報酬改定で、看護職員(看護師、准看護師、看護補助員を含む)1人が受け持つ入院患者さんの数で決まる「入院基本料」の区分に、病院が最も高い報酬を得られる「7人」という区分を加えました。



それまでは15人、13人、10人の3区分だった。



「7:1の看護体制」をとれば、一つ下の10人の区分に比べ、100床当たり年間約1億円の診療報酬が増える計算となり、病院間で看護師の奪い合いが激しくなりました。



大病院は数を増やし、中小や地方の病院には看護師が集まらないという偏在に拍車をかけました。



7:1の看護体制にした目的と結果

この制度の本来の目的は在院日数を短縮する為に行われたものでした。



患者さん一人当たりの看護師の数を増やして、高度な手厚い看護を受けることで早期退院を目指すというものでした。



しかし結果は各病院は躍起になり看護師の奪い合いを行い、たちまち看護師不足に陥りました。



そして、人員不足による、1人あたりの仕事量が増え、上記に記述したような原因の元になるのです。



悪い事ばっかりではない7:1の看護体制

しかし、この制度に恩恵を受けた人もいます。



それが、潜在看護師であったり、転職を考えていた看護師なのです。



政府は看護師不足を解消する為に、各地方自治体の看護協会に潜在看護師研修の実施や、看護師の養成施設を増やすことを推奨しました。



その中でも看護師免許を持ちながら、家庭に入り既に看護師としては働いていない潜在看護師の存在は大きく、現場復帰をしたくても機会がない、働く場所がない看護師にとっては光が当たった瞬間です。



資格による階級差がないのも看護師と言う特有の職業の一つ

看護師免許には車の免許証のように段階があり、出来る事が違うということもありません。



看護師免許があれば、ひとまずはどこでも働ける事になっています。



しかし、車も初心者がいきなり高速道路を走って東京・大阪間を運転するのに無理があるように、新卒の看護師や潜在看護師が配属された病棟でバリバリ働けることはないです。



新人の方は新人教育マニュアルに沿って、看護の基本から教えられ一人前の看護師になれますし、潜在看護師も忘れてしまった看護知識を思い出す為に再教育が必要となります。



1年目でICUやOP室に配属されたら本当に辛いですよね。



潜在看護師の方もいきなり月曜日から金曜日まで病棟でフルに働いたら大変だと思います。

バランスをとるのが新人教育の勤めと心得ましょう。

新人教育を担当していると色々な研修を受けるのですが、その中で10人の新しい看護師が就職した年の年度末は10人のベテラン看護師が退職することを阻止せよという教訓を学びました。



その意図は、新人教育に力を注ぎベテラン看護師のフォローが手薄になる上、新人指導のしわ寄せがベテラン看護師にくるため、ベテラン看護師が退職してしまう事が懸念されるからです。


看護の世界、医療の世界は毎日進歩しています。

話はやや横道に逸れましたが、この厚生労働省の診療報酬改訂で希望の病院に就職できたものの、こんなはずではなかったと感じている方も以外と多いと思われます。




潜在看護師研修を受け、やる気に満ちていた数ヶ月前の出来事が嘘のように思えます。




やはり、たかがブランクされどブランク。




子供も大きくなり、もう一度看護師として働こうと思う時期を迎える頃の10年というブランクは大きいです。




看護の世界、医療の世界は毎日進歩しています。



創部の処置一つを考えても10年前と今では全く違います。



以前は毎日消毒してガーゼ交換をしていましたが、現在は密封湿潤療法です。



元々感染を起こしていた傷でなければ、手術の創は手術室という清潔な場所で作られた傷なので清潔な物。



密封して傷が治るまでガーゼも開けずに抜糸までそのままにしておくのが通例になっています。



しかし、昔ながらの知識の方は毎日消毒しようとします。



このように、処置や看護一つ一つが「昔ながらの知識」なので毎日の業務についていけず、周りとのひずみができて付いて行けなくなる事もあります。




日々の業務についていけないと仕事ができず仕事に行くことさえも嫌になり、辞めたいと感じるようになるのです。




実際に私が働いている病院で、就職後すぐに結婚、出産、退職したが子供も大きくなったので、看護師免許を活かしてブランク15年越えの看護師が再就職してこられた方が、現在の医療の高度な技術になかなかついていけず結局はクリニックや老健施設に再度転職して行かれた方もいらっしゃいます。





人間関係や様々な要因でしがみつくことも大事

また、新人として就職したものの高度医療の現場に配属になり辛い思いをする事もあります。


次はやりたい事ができないです→やりたい事ができない

関連ページ

お給料が安いまたは低い
転職希望の理由TOP3に入る理由・・・その1です。
人間関係
良好な人間関係が築けたらベストですが、一度もつれるとやっかいなのが、人間関係。 その人間関係について、書いてみようと思います。
残業が多い
残業が多い病院・・・それはそれでやりがいがあるけれども。。。そうではない!!って言う方是非ご覧下さい。
やりたいことができない
未来のビジョンがしっかりしているのに、その道、そのレールの上を走れない。やきもきしてしまう。そういった状態のときに、転職をしようと考えてしまうものです。
休みが取れない
休みが思うように取れない。時間が不規則すぎて・・・ 様々な事柄が原因で頭を悩ませてしまいますよね。
燃え付き症候群
走っている最中は無我夢中でもゴールをしてしまうと・・・虚無感にかられ、やる気、モチベーションが低下・・・病院を変えるという選択を取られる方もいらっしゃいます。
拘束が多い
ほぼほぼ、サービス残業になる可能性のある、勉強会や交流会こういった事柄も転職の原因とする方がいられます。
理想と現実のギャップ
少し私の部署の話をしますね。今年度は3名の新人さんが配属されました。1人は営業経験のある脱サラ組の30代の男性。1人は様々な職業を経験し最終的に看護の道を選び、准看護師を経て看護師になった40代の女性。最後の1人は衛生看護科を卒業しストレートで看護師になった20代の女の子。まぁ、三者三様です。営業経験のある男性看護師はさすが営業経験者。口が立ちます。しかし、先輩相手にも口が立つのでそこがちょっと残念なところ。40代の准看護師経験者の女性はさすがソツない行動ですが准看護師経験が邪魔を してエビデンスを考えずに行動する癖があります。ストレートで看護師になった20代の女の子は素直。絵に書いたような素直さ加減で、見つめられたら恥ずかしくなる暗い真っ直ぐな目をしていて、患者さんのことを本当によく考えています。たった3ヶ月しか経ってないこの6月にもう三人のキャラクターやパーソナリティがはっきりし、苦手なことが手に取るように分かります。