ブランクあり再就職の場合|看護師が転職を考える場合

ブランクあり再就職の場合|看護師が転職を考える場合記事一覧

最近の病院は殆どが電子カルテになっています。完全電子カルテでなくても、オーダリングシステムなどパソコンを操作する事が多いです。日経デジタルヘルスでは2014年8月の記事内で「2013年における病院向け電子カルテ普及率は約31.0%。大規模病院(400床以上、821施設)では69.9%と普及率が高いものの、今後納入数の伸びが期待されるのは普及率が34.0%とまだ低い中規模病院(100〜399床、45...

潜在看護師が流行しています。最近、各都道府県の看護協会が主催する潜在看護師養成講座が流行っています。各都道府県の看護協会も出来る限り潜在看護師を少なくし、現場の力に役立てたいと努力しておられます。各都道府県の看護協会が主催する潜在看護師養成講座以外にも、病院独自でされているとところもあります。製薬会社さんや医療機器メーカーさんのバックアップでシリンジや練習用のバイアル、輸液ポンプなどをバックアップ...

さて、今回で「ブランクあり再就職」の方の特集は一旦終了しますね。ブランクがあり再就職を考えてはみたものの、私に何が出来るだろうと考えておられる方も多いと思います。かなり看護の場から離れていたし、最近の看護の世界ってどんな感じかも分からない。流行りの訪問看護も知識がないから出来ないし、老健施設で働くといってもいざという時に役に立てると思えないから怖いな。なんて思っているそこのあなた。一日からの勉強の...