やりたい事の青写真の確認|ブランクありの再就職の場合

さて、今回で「ブランクあり再就職」の方の特集は一旦終了しますね。


ブランクがあり再就職を考えてはみたものの、私に何が出来るだろうと考えておられる方も多いと思います。


かなり看護の場から離れていたし、最近の看護の世界ってどんな感じかも分からない。


流行りの訪問看護も知識がないから出来ないし、老健施設で働くといってもいざという時に役に立てると思えないから怖いな。


なんて思っているそこのあなた。


一日からの勉強の為に病院に就職しましょう。


そして、勉強してどこでも通用する知識を身に付けましょう。


訪問看護や老健施設で働きたいのに自信がないから、という理由で諦めてしまってはもったいないです。


せっかく、自分の中に青写真を描いているのに、捨ててしまうのはもったいない。


苦労して取得した看護師免許、同じ使う機会があるならやりたい事、合ってる事を楽しみながらやって有効に使いましょう。


訪問看護で患者さんとゆっくり関わりたい、老健施設みたいな医療行為の少ないところで働きたいなど色々と思いはあるでしょうが、どこで働くにせよ看護師という看板を背負っている限り、患者さんの急変時には対応しなければいけません。


知識のないまま対応するのと、しっかりとした知識を身につけて対応するのではその後の患者さんに影響してきます。


後悔しない為にも、ワンステップ踏んで自分のなりたい自分に近づけるよう頑張りましょう。

関連ページ

パソコン講座へ参加
電子機器の発達により、ある程度の基礎的なパソコン知識、パソコンのスキルを求められる病院は多くなってきています。 選択の幅を増やす事も出来るため、パソコン講座へ参加してみるのも良いです!
潜在看護師養成講座の受講
最近、各都道府県の看護協会が主催する潜在看護師養成講座が流行っています。 各都道府県の看護協会も出来る限り潜在看護師を少なくし、現場の力に役立てたいと努力しておられます。