潜在看護師養成講座の受講|ブランクあり再就職の場合

潜在看護師が流行しています。


最近、各都道府県の看護協会が主催する潜在看護師養成講座が流行っています。


各都道府県の看護協会も出来る限り潜在看護師を少なくし、現場の力に役立てたいと努力しておられます。


各都道府県の看護協会が主催する潜在看護師養成講座以外にも、病院独自でされているとところもあります。


製薬会社さんや医療機器メーカーさんのバックアップでシリンジや練習用のバイアル、輸液ポンプなどをバックアップしていただいているメーカーさんから提供して貰い、質の高い潜在看護師養成講座を開催されている病院も数多くあります。


自信がつく

 

実際に見て、触って実習できるだけでなく、医療安全や看護倫理など長く看護職を離れている者にとっては、学生の頃に習った記憶さえないような内容もあり、本当に実践的な内容となっています。


実際に私の働く病院で潜在看護師養成講座を受講した方の意見をお聞きすると、「自信がついた」「忘れていることや、知らないことがたくさんあって驚いた」という声が聞かれています。


また、その病院で潜在看護師養成講座を受講された看護師は優先的に受け入れてもらえる制度を設けている病院もあります。


しかし、その病院で受講したから必ずしもその病院で就職しなければいけないこともなく、あくまでも「潜在看護師を養成」することが目的で社会貢献の一部なので、受講したことに縛られてその病院に就職することもありません。


ただ、ブランクがあるのであれば、今の時代に沿った看護を展開するためにも、昔の知識にとらわれないよう、このような制度を利用されることも、一つの案だと思います。

関連ページ

パソコン講座へ参加
電子機器の発達により、ある程度の基礎的なパソコン知識、パソコンのスキルを求められる病院は多くなってきています。 選択の幅を増やす事も出来るため、パソコン講座へ参加してみるのも良いです!
やりたい事の青写真の確認
ブランクがあり再就職を考えてはみたものの、私に何が出来るだろうと考えておられる方も多いと思います。かなり看護の場から離れていたし、最近の看護の世界ってどんな感じかも分からない。流行りの訪問看護も知識がないから出来ないし、老健施設で働くといってもいざという時に役に立てると思えないから怖いな。なんて思っているそこのあなた