ミスばかりで辛い|退職希望|看護師に向いてないと感じる時

命を預かる仕事だからこそのプレッシャー

 

もちろん、このミスというのは医療事故ほどの大きなミスではないのです。

 

些細なミスの連続で患者さんや先輩看護師から指摘を受ける毎日が辛いのです。

 

採血や点滴が下手でいつも一発で採血出来ない。

 

患者さんからは心無い(もちろん患者さんも痛い目に遭ってはいますが、ここは看護師目線で失礼します)

 

「僕の血管で失敗するなんて本当に下手だね」なんて言われると落ち込み度は大きいですよね。

 

先輩看護師からも「いつになったら一発で採血できるようになるの?」と失敗したことを長々とお説教されたら辛いですよね。

 

 

これは命を預かる看護師なので、本当は些細なミスも許されないのですが、失敗しようと思って失敗しているわけではありませんし、センスの問題も少なからずともあります。

 

看護師事態を辞める選択肢はしないで!

 

毎日、こんなに失敗ばかりして辛い思いをするくらいならいっそのこと、看護師なんて辞めたいって思いますよね。

 

私にもそんな時代がありました。

 

しかし、特に最近は働く場が多様化しており、辛い毎日を過ごすことなく看護師として働く事もできます。

 

 

たとえば、精神科看護師。

 

処置も殆どありません。

 

採血もたまにあるくらいです。

 

夜勤帯の患者さんは必ず寝るのでゆっくりできます。

 

他にも、老健施設看護師、美容整形看護師、イベントナース、ツアーナースなどの選択肢もあります。

 

 

これらは看護師の転職会社などで紹介して貰えます。

 

一度、そのような道も検討されてはいかがでしょう。

関連ページ

体力がついていかない
「大変なお仕事されていますね」とほぼ100%に近い確率で言われます。 イメージ的にも看護師という仕事はハードで、体力の必要な仕事です。 夜勤があったり、残業が多かったり、肉体労働であったりと体力勝負の部分はたくさんあります。 一昔前には きつい 汚い 危険の3K労働と言われていましたが、今では3Kから9Kになりました。
夜勤が怖い
急変、転倒などアクシデントが起こる確率が高いのです。 そもそも、夜勤帯は日勤に比べスタッフの人数も減り目が行き届きにくくなります。 患者数は日勤帯と変わらないのにスタッフの人数は減る、受け持ち患者数が増えその分の責任が大きくなると、その重圧に耐えられなくなる方がいらっしゃいます。