夜勤が怖い|退職希望|看護師に向いてないと感じる時

簡単に夜勤が怖いと言ってもいろんな意味で怖い理由があります。

 

単に、夜の暗さが怖い、うつ病などでは病的に怖いと言われる方もいらっしゃいます。

 

しかし、看護師が夜が怖い理由は、夜のアクシデントが多いから。

 

急変、転倒などアクシデントが起こる確率が高いのです。

 

そもそも、夜勤帯は日勤に比べスタッフの人数も減り目が行き届きにくくなります。

 

患者数は日勤帯と変わらないのにスタッフの人数は減る、受け持ち患者数が増えその分の責任が大きくなると、その重圧に耐えられなくなる方がいらっしゃいます。

 

おまけに、夜勤の相手が怖い先輩や意地悪な同僚なら夜勤中ずっとモヤモヤとした時間を過ごさなければいけません。

 

二人夜勤の二交替など16時間程をその方と過ごすのは苦痛で、早く夜勤が終わることだけを願い、肝心の患者さんのことは二の次になってしまっては元も子もないです。

 

せっかく、患者さんの為に一生懸命頑張っているのにそんなところで労力を使うのは勿体無いですよね。

 

ハプニングの重圧に耐えれなくなる時がある

 

アクシデントの重圧と怖い先輩からの重圧に耐えられず、看護師自体を辞めたいと思うようになってしまうのです。

 

単に夜勤が怖いなら、夜勤のない病院もあります。

 

透析室やオペ室のような夜勤のない働き方もできます。

 

看護師を辞めてしまう前に夜勤のない働き方が出来る所がないか相談してみましょう。

 

そして、自分に合った働き方を見つけましょうね。

関連ページ

ミスばかりで辛い
採血や点滴が下手でいつも一発で採血出来ない。 患者さんからは心無い(もちろん患者さんも痛い目に遭ってはいますが、ここは看護師目線で失礼します) 「僕の血管で失敗するなんて本当に下手だね」なんて言われると落ち込み度は大きいですよね。 先輩看護師からも「いつになったら一発で採血できるようになるの?」と失敗したことを長々とお説教されたら辛いですよね。  これは命を預かる看護師なので、本当は些細なミスも許されないのですが、失敗しようと思って失敗しているわけではありませんし、センスの問題も少なからずともあります。
体力がついていかない
「大変なお仕事されていますね」とほぼ100%に近い確率で言われます。 イメージ的にも看護師という仕事はハードで、体力の必要な仕事です。 夜勤があったり、残業が多かったり、肉体労働であったりと体力勝負の部分はたくさんあります。 一昔前には きつい 汚い 危険の3K労働と言われていましたが、今では3Kから9Kになりました。