退職届けの書き方|辞めるための準備編

どんどんと、転職が真実味を帯びてきましたね。


こころの準備はできていますか?


この退職届けを提出すれば晴れて退職→転職の道が開けてきますよ。


病院によっては規定の書式がある病院もありますが、基本的には手書きの物を用意しましょう。


最近は、便利になりテンプレートの無料ダウンロードもできますが、常識のある社会人として手書きする方が良いです。


そして、提出すれば退職の道が開けると書きましたが、「退職願い」と「退職届け」は違います。


「退職願い」は退職の意向を伝えただけなので提出しただけでは退職が確定したわけではありません。


提出し受理、承認されなければ退職できないのです。


逆に言えば受理承認がされるまでは撤回できるのです。
こことても大事ですね!
もう一度言いますね、受理承認がされないと撤回、【やっぱりもう一度働きます!】とできちゃえるんですね。


しかし、「退職届け」は提出した時点で最終的な意向の届け出なので撤回することは出来ません。


まだまだあります、退職届けのお作法。


まず、誰に渡すか。


人事課や総務課などの事務方ではなく、直属の上司に渡します。


そして、何より難しいのが書き方。


先程もお伝えしたように手書きです。


その上、縦書きです。


最近は、パソコンにすっかり慣れてしまい、手書きで縦書きすることなんて滅多にないので一苦労だと思いますが、退職の意思を伝えるためなので頑張りましょうね。





関連ページ

上司への報告
では、転職を決めたら退職しなければいけません。その退職の意向をどのタイミングで 誰に伝えるのか。基本的には直属の上司に退職の意思を伝えます。病院の仕組みとしては トップの理事長や院長の下に事務、診療部、看護部、検査部などがあり、看護部はその中 でも各病棟毎に管理職がいます。
各種手続き
退職の時には大きく分けて2通りの書類があります。まずは、こちらから現在雇用されている病院に提出する書類関係の事を今回は書いて参ります。
履歴書の書き方
会社を辞めると決断し、再就職する際は、再度新たに履歴書を書き直さないといけません。おさらいも含め、今回、このページで再復習しましょう。
看護師免許の確認
看護師免許・・・さて、どこに片付けたかな?と言う方も多いはず。何度も出して見るのは看護師免許を取得したころに嬉しくて眺めていましたが、看護師歴十数年ともなれば、どこに片付けたか、わからなくなります。